ヤマハエレクトーン演奏グレード5級をクリアするための上達法とは


6級まではなんとかスムーズに合格することができたものの、5級は難しくて2度も3度も不合格通知をもらい、それでもなおあきらめずに受け続けた人もいるという話を聞いたことがあります。それぐらいヤマハエレクトーン演奏グレード5級は難易度が高い! でも、それでもあきらめずにチャレンジしてぜひとも合格したい!と思いました。いや、難しいからこそ絶対に合格したいと思い、そのためには得意なことをもっと伸ばして、不得意な部分を得意になれるように努力しよう!と思いました。

そうそう、ひとつ付け加えておくと、ヤマハエレクトーン演奏グレード5級の試験には、初見演奏もあります。とにかく、6級に比べると全体的に難易度が高いことは当然ですが、受験科目が増えているんですよね~。

これまで、ヤマハ音楽教室でエレクトーンの学習者グレードはBコースを受験してきた人なら、とくに5級で初見演奏の科目があるといっても、あまり驚くこともないだろうけど、私は大人になってからエレクトーンを習い始めたこともあり、8級から6級までAコースを受験してきたので、初見演奏という科目がなかったんです。

だから、5級で初めて初見演奏をすることになり、ちょっと戸惑ってしまいました。ところが、初見演奏はなぜか得意なほうで、練習問題とかやってみると、意外にもよく弾けていたりしました。

そして、自由曲や課題曲も練習さえしておけば、きちんと弾けるんです。ただし、即興A、即興Bともに苦手で、ずいぶんギャップがあるなとは思っていました。そこで、できるだけ得意な科目で点を稼いで、もちろん苦手な科目も一生懸命練習しよう!と思いました。初見演奏を上達させるには、とにかく、楽譜をパッと見てすぐに弾く練習をして、どんどん数をこなしていくとかないんですね。そして、初見演奏が得意になると、初めて弾く曲でも、譜読みが早いから練習するのに短時間で済むというメリットがあるんです。

あとは、苦手な即興演奏をクリアしていくこと、これもどんどん練習して数をこなして慣れていくしかないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です