ヤマハエレクトーンHS-8のココが魅力的! 画期的な楽器


これからヤマハエレクトーン演奏グレード5級を目指していくのに、即興Aや即興Bなど、さらに難しくなっていて、てんてこまいの日々。しかもそれに加えて、なんと大幅にモデルチェンジされ、戸惑うことばかり。

あるエレクトーンの先生は、幼少の頃からずっと習っていて、これまでに新機種が登場するたびに買い替えていて、しかも最上級の機種を持っていたというから、「エレクトーンの先生って、出費が大変だなあ」と思っていました。

私は個人的に、とくにFS-30やFS-30Aの、このFSシリーズのヤマハのエレクトーンは、音色に温かみがあり、とても聴きやすくて、疲れない感じ、まあ、今風に言えば「癒し」という言葉が当てはまるのかもしれないけど、今から考えても、いちばん好きなエレクトーンだったように思います。

これまでエレクトーンを習っていて、モデルチェンジによって、新しく買い替えた経験がある方ならわかると思いますが、何度買い替えてもキリがない!というのが正直。でも、それでもやっぱりエレクトーンには、魅力がたくさんあるんですよね。

既成の楽譜を演奏する楽しみ、そしてアレンジをする楽しみ、ソロで演奏するのも楽しいけど、アンサンブル演奏をする楽しみもあります。もちろん、これからさらに上級グレードを目指していくためにも、今すぐとまではいかなくても、新しい機種に買い替えることを視野に入れておかないといけないかな、と思うようになりました。

これまでのFSシリーズのエレクトーンも魅力的でしたが、いざ新しいエレクトーンHS-8が登場すると、これはこれでまったく新しい魅力にあふれていて、早くも「この楽器が欲しい」と思うようになりました。

エレクトーンの機種が変わると、これまで使っていた楽譜が弾けなくなるというわけではありませんが、HS-8の楽器では、リズムを作る機能が備わっていて、HS-8に対応したエレクトーン曲集などの楽譜を購入すると、リズムパターンや音色作りの資料も一緒についていて、これがまたぶ厚いんです。

音色やリズムを作る作業は大変で、時間がかかるけれど、その分、自分が作るデータには愛着がわいてくるというものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です