ヤマハエレクトーングレード6級は即興演奏が難しかったけど合格! 


エレクトーン7級まではスムーズに合格できたので、6級も安心・・・とは思っていたものの、即興演奏では「オルタネーティングベース」という専門用語が出てきて、頭ではなんとなく理解できているものの、いざベースを動かそうとすると、どうも体がついていかない!
7級から6級は、このオルタネーティングベースで戸惑い、悩み、ちょっと壁になってしまった感あり!でした。

そもそもこの、オルタネーティングベースとは何ぞや?というところから始まり、音楽の専門用語のひとつで、コードの根音となるルートと、根音に対して第5音を交互に演奏するベースの奏法として用いられているので、ベースを弾いた経験のある人なら、「そうそう、なるほど」とすぐに納得できると思います。しかし、私には鍵盤楽器以外に、ギターやベースなどの弦楽器の経験はないので、最初はすごく戸惑いました。

7級の即興演奏が苦手だったのですが、6級になると、今度は既成の曲を2コーラスにまとめて即興演奏することになり、さらに難易度がアップ! さっきのオルタネーティングベースの話に戻りますが、今、これで戸惑っている人のためにちょっとわかりやすく解説してみましょう。

例えば、CからG7(ジーセブン)、そしてCというコード進行があるとすると、Cではドソドソ、G7ではレソレソ、再びCに戻るとドソドソというベースの進行になります。
慣れるまではちょっと大変だけど、とくに6級では、このベース進行が重視されるようで、それなら、アレンジ曲として選んだ「枯葉」の曲は、オルタネーティングベースを取り入れたスイングにしよう!と思いました。2コーラス目にアドリブを入れて、後半は重曹で盛り上げる感じにして・・・と、曲の構成が決まり、演奏できるようになりました。試験の時は、講師からの講評がちょっと厳しかったけど、結果は合格!
そうそう、即興演奏は既成の曲を2コーラス程度にまとめて演奏するのだけど、受験した時期が12月だったこともあり、おなじみのクリスマスソングでした! これでいよいよ本格的にヤマハエレクトーン演奏グレード5級を目指すことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です