エレクトーン初心者が上達する方法


「思い切ってエレクトーンを購入して、これから充実した音楽ライフを楽しみたい!」「これまで鍵盤楽器の経験がないけど、エレクトーンを本格的に勉強して、グレードも取得したい!」「エレクトーン初心者だけど、どうしたら上達できるの?」といった悩み事や相談事がたくさん寄せられています。

昔から「好きこそものの上手なれ」ということわざがありますが、なんでも好きなことなら、途中でちょっとつまづくことはあっても、自然に乗り越えられていけるものですよね。私の経験から言えば、ヤマハの幼児科、ジュニア科を卒業して、「ピアノを6年間習っていたから、エレクトーンは簡単に弾けそう!」とたかをくくっていたのだけど、これが案外難しくて、リズムに合わせるのが下手だったり、ベースを踏み外したり・・・と、慣れるまでに時間がかかっちゃいました!

正直言って、これまで「たかがエレクトーン」と思っていたけど、やはり「されどエレクトーン」なんですよね。エレクトーンの初心者が効率良く上達するには、私的にはまずはコードネームを正確にきちんとマスターすることをおすすめしちゃいます!

クラシック中心でピアノを習っていた人は、コードネームと聞いてもあまりピン!とこない人が多いようですが、ギターを習った経験がある人なら、「コードネームなら、もうマスターしている!」という人も多いので、あとは鍵盤できちんと和音が押さえられたら、もう大丈夫!

コードについては、また後ほどあらためてお話するとして、もうひとつ、エレクトーン初心者が上達する方法として、「とにかく好きな曲をどんどん弾いてみること」をおすすめします! 実は、私の生徒にエレクトーン初心者で、テキストはまだ簡単な曲を弾いているのだけど、「テレビ番組で流れているこの曲が弾きたい!」といった難しい曲の楽譜を持ってきて、チャレンジしている子がいるんです。テキストの曲は、練習曲っぽくて正直、イマイチ面白くないけど、知っている曲、好きな曲なら絶対に弾けるようになりたい!という気持ちが強いので、ぜひぜひチャレンジしてはいかがでしょうか。

同じ楽曲でも難易度の低いアレンジをした楽譜もあれば、難易度が高い楽譜もあるので、無理のない程度に自分のレベルに見合うもの、無理のない程度の楽譜を選ぶといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です