ピアノからエレクトーンに移行した人がグレード3級の合格を目指す練習法とは


現在、エレクトーンに親しんでいる方の中には、幼少期からピアノを習い初めてピアノのグレード試験にチャレンジしてすでにピアノ演奏グレードの5級以上を取得した人もいるようです。現在、音楽教室でピアノの指導に携わっていて、趣味としてエレクトーンを勉強している人も多く、エレクトーン演奏グレード5級以上のレベルまでスキルアップしたいと熱心に取り組む人もたくさんいます。

中には「これまでピアノ講師を目指して頑張ってきたけど、速い指の動きがどうも苦手で、テクニック的なものがもう追いついていけない。それよりも、音色とリズムが豊富なエレクトーンのほうが、もっと純粋に音楽を楽しめるような気がして。」と、ピアノからエレクトーンに移行する人もいるようです。

実は私もそのひとりで、子どもの頃からずっとピアノを習い続けてきて、小学校時代は途中3回も転校したけれど、すぐに友達にピアノの先生を紹介してもらい、熱心に練習に励んできましたが、ピアノの先生がとても厳しくて、周りの生徒さんは演奏レベルが高くて、1日の練習時間を増やしても、レッスンについていくのがやっとでした。

私がピアノを習っていた頃はクラシック中心で、今のように映画音楽やドラマの主題曲、歌謡曲といったジャンルの楽譜が少なくて、ピアノは趣味で演奏するものではない!といったムードだったのです。それなら、自分が好きなジャンルの音楽を自由に演奏できるエレクトーンのほうが、やりがいがありそう!だと思いました。

もともとピアノ一筋だった私がOL時代からエレクトーンを習い初めたばかり頃は、フットスイッチなどのエレクトーン特有の機能をうまく使いこなせずにちょっと苦労しましたが、やはり自由なスタイルで演奏できることに魅力を感じましたね。

さて、話を本題に戻しますが、ピアノ一筋だった人がエレクトーンに移行して、ヤマハエレクトーン演奏グレード3級の合格を目指すのに、どんな練習をすれば良いのか、エレクトーンの演奏に慣れるにはどうすれば良いのか、ここでお伝えしたいと思います。

ビアのからエレクトーンに移行した人は、同じ鍵盤楽器でも鍵盤自体の重さがまったく違い、ピアノの鍵盤を叩くような感じで、ついエレクトーンの鍵盤を瞬間的なタッチで強くたたく人もいます。
6級までは、そのようなタッチでも通用するとは思いますが、5級以上の指導者グレードになると音色に合わせたタッチトーンを習得する必要が出てきます。

「ドレミ」というフレーズをトランペットの音色で演奏するのと、フルートの音色で演奏するのとは、弾き方がまったく違います。もっと厳密に言えば、ひとつひとつの音、鍵盤を押える時の圧力のかけ方、タッチトーンの抜き方が違うということです。

これから5級を受ける人はこのことを強く意識してほしいし、4級を受験する人は、とくに複雑なコードネームをたくさん覚えて、しゃれた感じのコード進行で即興演奏ができるレベルに持ち上げておきたいですね。

結論から言えば、ピアノからエレクトーンに移行した人が、3級グレードに合格できる可能性は十分にあるし、実際に私の知り合いの現役講師の方も、ピアノ・エレクトーン3級、さらに指導グレード3級まで、なんとトリプル3級を取得した人もいます。

クラシック系のピアノ曲を中心に演奏してきた人は、エレクトーンのコードネームがわからなくてずいぶん苦労する人もいますが、ギターが弾ける人はコードネームが得意です。「4級までは順調に合格したけれど、3級は即興演奏の点数が悪くて。」とお悩みの方は、ジャズの演奏法について本格的に学んではいかがでしょうか。

ジャズの演奏を聴いていると、有名な曲を聴いていても、元のメロディーがわからないほど、メロディーフェイクしていますね。そもそもフェイクとは、英語でにせもの、模造といった意味がありますが、エレクトーンでは元のメロディーを即興的に変えるという意味です。
クラシック一筋でピアノを学んできた人は、即興演奏に慣れ親しんでいないため、とくに4級から3級の即興演奏が大きなネックとなってしまうようです。しかし、ジャズピアノが好きな人なら、3級の即興も難なくクリアできるはずです。ピアノ一筋の人もエレクトーン一筋の人も、結局は自分が学んできた音楽から演奏力や表現力を高めることができるので、多彩なジャンルの音楽を聴いて演奏していけば、自然に身についていくものなのです。

ですから、ピアノからエレクトーンに移行してエレクトーン3級合格を目指す上で、なにも引け目を感じる必要もなく、豊かな音楽性が備わっていればステップアップは十分にできるので自信を持ってチャレンジして下さいね。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です