ピアノ講師がエレクトーン3級受験にチャレンジする時の心得とは


現在、ヤマハエレクトーン演奏グレード3級受験にチャレンジしている人の中には、子どもの頃からずっとエレクトーン一筋でやってきた人もいれば、もともとピアノから習い初めて音大を卒業してピアノ講師になってからエレクトーンを習い始めた人もいるようですね。

どのような形であれ、子どもから大人、そして高齢死者まで多くの方々がエレクトーンに親しみ、グレード試験にチャレンズするのはとても素晴らしいことだと思います。今日は、ピアノ講師がエレクトーン演奏グレード3級の受験にチャレンジする時の心得、そして効果的な練習法などについてお伝えできたらと思います。

私自身も「ピアノとエレクトーン、どちらが難しいですか?」「これまでずっとピアノ系でやってきたのですが、エレクトーン演奏グレード5級以上の指導者グレードを受験するのに、どんなことに気をつければ良いですか?」と、よくこのような質問を受されることがあります。

ピアノもエレクトーンも鍵盤楽器であることでは共通していますが、ピアノは瞬間的に鍵盤を叩くことによってハンマーによって強い音が出ますが、優しく叩くと弱い音が出ます。エレクトーンは電子楽器であり、ピアノのようなイニシャルタッチの表現もできますが、ピアノの音色や音量とはまた違った感じになります。

エレクトーンで同じ「ド」の音を弾くのにも、トランペットの音色とピアノ、ストリングス系の音とでは音の響きやボリュームも違い、瞬間的なイニシャルタッチだけではなく、鍵盤を押した後にさらに強く押すといったエレクトーン独自の奏法があります。

グレード試験では、これまでピアノ講師一筋でやってきた人が、エレクトーンの試験を受けると、たった1、2強程度演奏しただけで、ピアノ系の人だとわかるようです。それは、とくに右手のメロディーの音色の弾き方、タッチトーンの使い方などを見ていると、鍵盤を押した瞬間のタッチだけで演奏することが多いからです。

逆にエレクトーン系の先生がピアノのグレード試験を受験した場合、イニシャルタッチの音量が小さく聞こえてしまい、打鍵力が足りないように見えることから、この人はエレクトーン系の人だとわかるようです。

しかし、ピアノ系の先生がエレクトーン演奏グレード5級以上の試験にチャレンジして合格した事例もたくさんありますので、「私はピアノ一筋でやってきたら、エレクトーン演奏グレード3級に合格するのは無理。」だと引け目を感じる必要などまったくありません。

そもそもエレクトーンは、いろんな音楽のジャンルが楽しめるように数多くの酒類のリズムと音色があります。さらには、音色やリズムにかかる効果などもいろんな種類があります。これまでクラシック系のピアノ一筋でやってきた人は、まずはエレクトーンのいろんなリズムに親しみ、リズムに乗って演奏することの楽しさを感じ取ってほしいと思います。

クラシック一筋でやってきたピアノの先生は、エレクトーンでリズミカルな演奏をしても、どこかノリがいまひとつで平面な感じになってしまい、立体感のある演奏ができていないように思えます。「リズムに乗る」とは、エレクトーンのリズムに合わせて演奏をするという意味ではなく、そのリズム特有の「ノリ」の部分を思い切り体で感じて表現するという意味です。

さきほどお伝えしたメロディーの音色のタッチトーンの使い方がある程度できるようになっても、リズムのノリを感じて表現するのが、これまでクラシック一筋で学んできたピアノの先生には難しく、これをクリアするのが今後の課題になっていくのではないでしょうか。

しかし、ピアノ項とにもそれぞれ得意不得意があり、暮らしツクよりもジャズピアノが得意な講師なら、エレクトーンでジャズ系の曲を演奏してもアドリブの演奏にセンスがあり、伴奏のバッキングも上手に出来てジャズならではの独特のノリができるはずです。

これまでにあまり聴いたことのないジャンルの音楽を石器良く的に聴いて、リズムのノリを感じてほしいですね。エレクトーンプレーヤーの演奏を聴く機会があれば、ライブに足を運んでみるのも良いし、いろんな音楽を自分のものにしてしっかりと吸収することが肝心ですね。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です