エレクトーン3級で求められる即興の演奏レベルとは


ヤマハエレクトーン演奏グレード3級は、エレクトーンの指導者・演奏科を目指すためのグレード試験のひとつであり、これまで5級・4級と順調に合格してきた人も、3級の受験で初めて壁にぶつかる人もいるようですね。

3級を何度か受験しても、試験官の講評が厳しくて点数が思うように伸びない、今では追試制度が導入されてはいるものの、何度か追試を受けてもなかなか合格ラインに達することがなく、3級へのチャレンジをあきらめる人も少なくないようです。「4級まで順調に合格できたから、もうここまででいい。これが自分の実力だから。」と考える人もいるようですが、それはそれで別に構わないと思います。5級・4級と順調に合格したのなら、もうエレクトーンの指導者・演奏家のレベルには十分に達しているわけですから、それで満足感が得られるのなら、それはそれで良いと思います。

今日はちょっと私の音楽人生と言えば少し大げさかもしれませんが、これまでの音楽ライフについてちょっと振り返ってみたいと思います。私の場合は、エレクトーンを習い始めた年齢が20才を過ぎてからのことであり、幼少期からヤマハ音楽教室では幼児科・ジュニア科とグループレッスンを受けてきましたが、その頃は今のようにエレクトーンではなく、オルガンを2年間習っていました。今ではオルガンなんて、ほとんど見かけなくなりましたよね。

ヤマハのジュニア科を卒業したのが小学校3年の4月頃で、その後は個人でピアノのレッスンを受けるようになりました。幼稚園から小学校の時期にかけては、エレクトーンを習う子どもも少しずつ増えていたようでしたが、その頃の私は「将来は絶対にピアノの先生になる!」と思っていました。

父の仕事の都合で小学校だけで3回も変わりましたが、ピノをずっと続けたいという思いに変わりはなく、これまで何人か先生が替ったのですが、とても良い先生に恵まれたと思います。しかし、中学生になると、部活を始めたのでピアノの習い事と両立させるのが難しくなり、その時の先生がとても厳しかったこともあって、中3の夏でいったんピアノを辞めて、しばらく音楽から離れていた時期もありました。

その頃は、まさか将来はエレクトーン講師になるとは夢にも思わなかったのですが、エレクトーンとの出会いは20才を少し過ぎた頃のことです。たまたま買い物ついでに商店街をぶらりと歩いていたら、ヤマハの楽器店にエレクトーンが置かれていて、デモンストレーターが演奏していたのを聞いて、「ああ、エレクトーンっていいなあ。」と思うようになりました。「エレクトーンを習うのなら、資格を取って講師になれたらいいな。」と思うようになり、その楽器店でエレクトーンを買って先生について習うことにしました。

その頃は、グレード8級から受験したのですが毎年1回はグレード受験にチャレンジして6級までトントン拍子、そして3級よりも苦労したのがグレード5級でした。好きなことを続けていても、どんどんレベルが高くなると、時には壁にぶちあたり、挫折することもありますが、ここでふんばっておけばきっと5級に合格できると思い、ひとつの山を乗り越えたら、その先にある4級と3級の合格も見えてくるような気がしました。

ここでいったん話を本題のエレクトーン演奏グレード3級の合格について戻しますが、これまで受験したグレード試験の中では、意外なことに5級がもっとも私にとってはハードルが高いように感じられましたが、その大きな壁をなんとか乗り越えることができたので、4級と3級はスムーズに合格することができました。私の得意分野と言えば初見演奏で、楽譜をパッと見て演奏するのが好きだったこと、そしてブライダルプレーヤーの経験があり、歌伴を初見で弾く訓練ができていたことが、4級・3級の合格に大きく役立ったように思います。

4級に合格できてそれで満足感を味わった人も、あともうひと踏ん張りすれば、3級に合格することもけっして夢ではないと思うので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
4級と3級の違いは、やはり音楽的なセンスと表現力、自分が持っている音楽性というものが3級の試験では問われることと思います。

5級の即興演奏では、一段の楽譜に書かれているメロディーにふさわしい伴奏をつけてメロディーをどのように変奏するかが問われますが、4級ではちょっぴりしゃれた雰囲気のコードをつけて、メロディーにふさわしいリズムを選んでしっかりと表現する力が求められます。

そして3級では、課題として出された一段の楽譜、そのメロディーをもとに、自分の音楽的なセンスや演奏技術、表現力を活かしてどのような色づけをするかが問われることと思います。3級の合格を目指すなら、ラテンやジャズ、ボサノバなどの多彩なジャンルの音楽を自分のものにして、与えられた課題を試験の問題として捉えるのではなく、自分のカラーに染めて自分なりの個性や表現力を活かせるようになると良いですね。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です