エレクトーングレード3級に合格するには音楽のセンスと感性を磨くこと


ヤマハエレクトーン演奏グレード3級に合格したいと思い、毎日地道にレッスンや練習に励む人もたくさんいます。地方に住んでいる人は、3級グレードの受験に向けて、大都市まではるばる遠くからレッスンに通う人もいるようですね。

都会に行けば、有名なエレクトーン講師や現役で活躍しているエレクトーンプレーヤーのレッスンを受けに行くこともできます。ちなみに、私は地方に住んでいるので、なかなかそのような機会に恵まれることがありませんでした。でも、エレクトーン演奏グレード5級を受ける数ヶ月前には、電車で2時間ほどかけてグレープでのレッスンを受講しに行ったことがあります。

地方から都会に出ると、街がとてもにぎやかで活気に満ちあふれているのを感じますね。もちろん、その頃はヤマハの楽器店でエレクトーンのレッスンを毎週受けてはいたのですが、時には他の先生についてレッスンを受けるのも、良い刺激をもらえるし、とても楽しいものです。

しかし、4級と3級の試験を受ける前は、以前習っていた楽器店の先生ではなく、他の先生について個人レッスンを受けていました。とても指導力の優れた先生で、おかげさまで、4級と3級はそれぞれ1度の受験で、合格切符を手に入れることができて、今でもとても感謝しています。

私の場合、1度の受験で合格できたのは、熱心に指導をして下さった先生のおかげでもあり、その先生のレッスンに通うのがとても楽しくて、試験を受けるのにもそれほど気持ちが固くなることもなく、自然に音楽を楽しむことができました。今になって、それがとても良かったのではないかと思ったりもします。

エレクトーン演奏グレード3級の受験では、とくに即興演奏に関する本などは買わずに、机上で学ぶ勉強はやめようと思っていました。音楽は頭で勉強するものではなく、机に向かって、ガツガツと知識を学ぶ必要はなく、音楽を体で感じ取り、心で表現できるようになれば良いと思いました。

ヤマハエレクトーン演奏グレード3級は、指導者グレードの中ではもっとも難易度の高い試験ですから、これを1度の受験でぜひ合格しよう!と思っても、私には無理だと思っていたし、そんなことを考えるよりは、音楽を演奏することの楽しさを実感して、表現力をみにつけようと思いました。

私の場合は、エレクトーン演奏グレード5級に合格した頃から、結婚式場でのエレクトーン演奏の仕事を経験してきたこともあり、人前で演奏することの楽しさや、結婚というお祝いムードの中で演奏することの喜びを実感できたことが、演奏力や表現力にプラスになったように思えます。

5級に合格した頃は、とりあえず楽曲演奏はある程度できるようになったものの、即興演奏ではまだまだ課題が残されているものと思いました。4級、3級を受験するまでには、自分の演奏力や表現力について未熟な部分が多く、ひとつひとつゆっくりと時間をかけてクリアしていかなければならないと強く思いました。

エレクトーン演奏グレード4級では、5級よりも音楽的なちょっとしたセンスが要求されると思います。そして、3級ではさらにしっかりとした演奏力と表現力が求められるわけですから、音楽的なセンスとともにエレクトーン演奏のテクニックを磨くことも大切ですね。

ところで、音楽のセンスを磨くには、いったいどうすれば良いのでしょうか。演奏的なテクニックは、練習すればある程度は上達すると思います。音楽的なセンスを磨くには、机上でがつがつ勉強してもそう簡単に身につくものではありません。

エレクトーンでは、いろんなジャンルの音楽を演奏することができるので、音楽的なセンスを身につけるためには、やっぱりいろんな音楽に興味を持って、音楽を聴くことだと思います。中には、音を聴く力に優れていて、音楽をコピーして演奏する人もいますが、聴く耳ができているからといって、必ずしも音楽的なセンスに優れているとは言えません。大切なことは、いろんな音楽を聴いて、自分のものにすること、しっかりと吸収して、表現力を身につけることです。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です