エレクトーングレード3級に再チャレンジする時の重要ポイントとは?


受験や結婚、出産、子育てなどさまざまな事情でやむを得ず、エレクトーンのレッスンを中断していた人が、エレクトーンのレッスンを再開して、エレクトーン演奏グレード3級の合格を目指して再チャレンジする人も多いようですね。

「長い間、エレクトーンのレッスンを休んでいる間に、次々に新しい機種が登場しているので、自宅のエレクトーンとは機種が違うので、このまま3級の試験に臨んでも合格できるのかどうか不安。」と感じている人もいれば、「新しいエレクトーンはリズムの数が多くて、エレクトーンの楽譜を見ても昔の曲とは違ってリズムが複雑になっているし、若い人の流行の音楽にさっぱりついていけない!」と悩む人も多いようです。

確かに昔のエレクトーンと今のエレクトーンでは、機能性がまったく違い、音色の数が増えていて、本物の楽器に近くなっていて、リアルな音色になっていますね。昔の古いエレクトーンは、8ビートや16ビートなどがありましたが、今ではさらに複雑なリズムが増えていて、リズムのノリをどのように表現したら良いのか、戸惑うこともあると思います。

そこで、数年間のブランクを経てヤマハエレクトーン演奏グレード3級に再チャレンジする人が、しっかり抑えておきたい重要ポイントについてご紹介したいと思います。まず新機種のエレクトーンに慣れることが大切ですから、教室でレッスンを受ける時は、演奏法や操作の仕方など、わからないことがあれば習っている先生に積極的に質問しましょう。

もうひとつ肝心なことは、以前エレクトーン演奏グレードを受験した時に演奏した曲のレパートリーについて、今一度見直しをする必要があるかと思います。数年前何度か3級を受験した人は、クラシック曲や課題曲のレパートリーが以前とは変わっている場合があります。

そして、グレード試験の受験要項も年々変わっているので、最寄りの楽器店に行って、受験要項を取り寄せておくと良いでしょう。自由曲や課題曲などの曲数も変わっており、受験の仕組みも変わっている部分があるかと思います。

エレクトーン演奏グレード3級に再チャレンジする人の中には、20年以上もの長いブランクがある人もいますが、その頃にはなかった追試制度が導入されており、受験して合格点に達しなかった場合は、合格基準を満たすことができなかった科目のみ、追試を受けることができます。追試制度についても、受験要項に詳しい内容が記載されているので、まずはこちらをチェックしておくと良いでしょう。

以前エレクトーン演奏グレード3級を受験した時に、自由曲などのレパートリーの音源データが残っていても、今後は、新しい機種で試験を受ける場合は、その音源データは使うことができません。そのため、音源データを新たに用意する必要があります。

一昔前は、フロッピーに曲の音源データを入れていましたが、容量が少ないので多くのデータを入れることができませんでした。今ではUSBメモリが使われるようになり、容量が大きいのでかなり多くの音源データや演奏データを収録することができるようになりました。

時代の変化とともにエレクトーンも進化していて、音楽シーンの流れも昔と今ではずいぶん変わっていますね。一昔前の時代は、クラシックやジャズの曲を演奏する人もたくさんいましたが、今ではあまりこのようなジャンルの音楽を演奏する人が減ってきたように思います。

時を経て長いブランクがある人も、最新の流行の音楽についていけない!と思ったら、わざわざそのような曲をグレード試験の自由曲のレパートリーに組み込む必要はありません。タンゴが好きな人なら、タンゴの名曲をレパートリーに入れれば良いし、ジャズが好きな人ならジャズのスタンダードな曲をレパートリーに入れると良いですね。流行に関係なく、自分の得意なジャンルの曲を自由曲のレパートリーとして入れておけば良いので、その点はまったく問題ありません。

あとは、即興Aと即興Bの科目をクリアできるように、コード進行法を勉強しておくと良いでしょう。自由曲は合格点に達しているのに、即興が苦手でクリアできない、そのような悩みを抱える人が多いので、頭を柔軟にしていろんなジャンルの音楽を吸収して、自分なりにしっかり表現できる力を身につけておけば、どんなに長いブランクがある人でも、必ずや合格切符を手に入れることができることでしょう。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です