エレクトーングレード3級に関するさまざまな疑問点を今のうちに解消しよう


これから初めてヤマハエレクトーン演奏グレード3級を受験する人も、何度か受験した人も試験に関するさまざまな疑問点や不安なことがたくさんあると思います。ここでは、ヤマハエレクトーン演奏グレード3級の受験に関するさまざまな疑問点を解消していきたいと思います。

これまでに何人かのピアノ講師やエレクトーン講師から、3級の試験についていろいろ質問されたことがあるので、その内容をもとにご紹介しますね。
「ヤマハエレクトーン演奏グレード3級を受験する時に、自由曲の演奏は4級のグレード試験で演奏した曲と同じ曲を選んでもいいのでしょうか。」と尋ねられたことがあります。

エレクトーン演奏グレード4級を受験する時は、同等の級に該当する楽曲を自由曲として選択することができます。3級についても同様で、その楽曲が3級に相当する楽曲であれば、自由曲として選ぶことができます。

ヤマハのエレクトーンの楽譜にはグレード4級、3級と記載された楽曲もありますが、楽曲によっては4・3級と記載されたものもあります。4・3級と記載された楽曲なら、4級でその曲を演奏しても3級でその曲を演奏してももちろんOKです。

受験する級のレベルに合う曲であれば良いので、自由曲を選ぶ目安として、曲のレベルについて必ず確認する必要があります。中には、「4級と3級の受験で同じ楽曲を自由曲として演奏する場合に、どんなことに注意していれば良いでしょうか。」という質問をしてきたエレクトーンの先生もいました。

ともすれば、4級と3級で同じ楽曲を演奏することで、なんだか得したような気分に浸ってしまうこともあります。「4級の受験の時に演奏した曲で3級もそのままいけるのだから、他の曲を練習する必要もないし、新しい曲を自由曲のレパートリーとして加える必要もないし。」と思う人もいるようです。

しかし、実際のところエレクトーン演奏グレード4級と3級では、試験官が求める楽曲演奏のレベルの高さがまったく異なります。当然のことですが、4級と3級で同じ楽曲を演奏するからといって、4級の時の演奏レベルよりも3級のほうがより高い演奏レベルを求められるわけです。

エレクトーン演奏グレード4級と3級の楽曲演奏について比較すると、3級ではより高度な演奏力とともに表現力、その楽曲にふさわしいと思われるアーティキュレーションや音色、リズム選びと使い方など、かなり奥行きの深いリアルな演奏力が必要とされているわけです。

ですから、楽曲を選ぶ時には単純に「練習する手間が省けるし、4級と3級、同じ曲を選んでしまえばいいや。」と安易に考えていてはいけません。また、そのように考えて軽い気持ちでエレクトーン演奏グレード3級を受験しても、試験官はこれまでに数多くの受験者を評価してきたいのですから、すぐに見破られてしまいますよ。もっと純粋な気持ちで心から音楽を愛して、楽しんでほしいものです。

もうひとつ、エレクトーン演奏グレード3級について寄せられた質問ですが、「数年前に3級を受験して、しばらく長い間ブランクがあり、再度チャレンジしようと思っています。グレード試験の要項を見たら、全体的に楽器演奏の曲数がかなり減っていてびっくりしたのですが、どのようにして楽曲を選んだら良いでしょうか。」との質問です。

たしかに、私が受験した頃よりも全体的に楽曲数がかなり減っていて、「これから受験する人はいいなあ。最初から曲数が少ないし。」と思うことも正直あります。ちなみに、私が受験した頃は、自由曲・課題曲・クラシック曲・自作曲と全部合わせると、20曲も揃えておかなければならなかったんです。自由曲は11曲選んでその中から試験官から指定された1曲を演奏するという感じでした。

当然のことですが3級は5級よりも4級よりもハイレベルなので、数多くの楽曲を演奏して、レパートリーはできるだけたくさん持っておいたほうが良いですね。

いろんなジャンルの音楽に親しみ、多くの曲をしっかり弾きこんで、その中から表現力・演奏力ともに自信があると思われる楽曲を厳選することです。ですので、渾身の一曲を選択するまでにはかなり長い時間と労力がかかるということをしっかり頭に入れておいて下さいね。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です