エレクトーングレード3級に合格する秘訣は音楽性の豊かさと表現力と向上心


エレクトーン演奏グレード5級から3級までは、指導者グレードといい、その名の通り、エレクトーンの講師を目指す人のための試験として位置づけられており、デモンストレーターやプレーヤーを目指す人は、できれば4級、3級までは取得しておきたいですよね。
とはいっても、現役のデモンストレーターでも、ヤマハエレクトーン演奏グレード4杞憂までは合格したものの、3級を受験するとなると、なかなか一発合格は難しいようです。

ヤマハエレクトーン演奏グレード4級と3級、このレベルの差はどれくらいのものなのでしょうか。実際に4級と3級を受験したことがある人なら、どのくらいのものなのか、イメージできると思います。しかし、これからエレクトーン演奏グレード3級を受験する人にとっては、未知なる世界ですから、受験することに不安を抱く人も多いでしょうね。

エレクトーン演奏グレード3級にチャレンジする前に、4級と3級との決定的な違いについて、まずは知っておく必要があります。より深い表現力と豊かな音楽性が求められるのがエレクトーン演奏グレード3級ですが、5級・4級にはなかった科目として、新たに自作曲が加わります。

つまり、受験者が作曲した楽曲を1曲、盛り込まなければならないということ、これが4級と3級との決定的な違いです。これまでにさっき良くをした経験がある人なら、試験科目に自作曲が盛り込まれていても、それほど大きな戸惑いを感じることはないと思いますが、作曲についてまったく経験がない人は、ここが大きな壁になってしまうようです。

私の体験談から言えば、自作曲のレパートリーなど1曲もなく、とにもかくにも作曲というものを生まれてから1度もしたことがありませんでした。エレクトーン演奏グレード5級を受験する時に、モチーフ即興という科目が加わり、そこで初めて伴奏をつけて短いフレーズの曲を即興で作ることを経験しました。

これまで、作曲に関する勉強をしたことがなく、5級を受験する時は、モチーフ即興が苦手、というよりもエレクトーンのレッスンの時にモチーフ即興を演奏するのが苦痛にすら感じられました。それでも、ある程度、コード進行のパターンを自分で考えておいて、あとはコード進行の流れに合うようにメロディーを乗っけていけば、5級・4級まではなんとかなるものです。

3級では、モチーフ即興もこれまでのようにはいかないし、自作曲も揃えておかなければならないし、どんどん壁にぶつかっていく感じでした。しかし、どこかでその壁を乗り越えていかないと、いつまでたっても合格することができません。私は自分の演奏が特別に人より優れているとは思えないし、曲作りのセンスがあるわけでもなく、これといって得意な音楽のジャンルもありません。

それなら、もうここで開き直って、音楽のセンスを磨くこと、もつともっと演奏力や表現力をレベルアップできるように、いろんなジャンルの音楽を演奏できるようにすることだと考えました。ただなんとなく、エレクトーン演奏グレード3級の受験をしても、簡単に合格できるものではないし、自分に実力をつけようと思ったら、あとは音楽性を豊かにして向上心を持つことしかないと思いました。ここまできたらあとはもう、自分の気持ちの問題ですよね。

「3級には合格するのは無理かも。」と考えるなら、やはりその通り合格を目指すのは無理なのかもしれません。しかし、「ここまできたら絶対に3級合格を目指そう。」と思い込んだら、それを実現させることはできるものです。

これまで何度かヤマハエレクトーン演奏グレード3級にチャレンジしたものの、合格できなかった人も、これから受験しようかと考えている人も、ネガティブな気持ちをすべて捨てて、ポジティブに考えるように意識してはいかがでしょうか。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です