エレクトーングレード3級合格への道のりは長い! ここで試験にまつわる疑問点を解消しよう


ヤマハエレクトーン演奏グレード3級は、指導者グレードの中ではもっとも難易度が高い級であり、10級から6級までは学習者グレードといって、試験は最寄りの楽器店で受けることができますが、ピアノ・エレクトーン5~3級、そして楽典などの問題が出題される指導グレード5~3級などの指導者グレードについては、指定された試験会場に出向いて行かなくてはなりません。

これまでの私のエレクトーンライフを振り返ってみると、最初は学習者グレードのエレクトーングレード8級から受験して、トントン拍子に6級まで合格することができました。その後、5級を受験することになって、初めて遠くの試験会場まで電車やバスを乗り継いで受験して、ここで初めて試験に落ちてしまい、挫折を味わったこともあります。

とくに、6級から5級合格までの道のりは長く、その時は分厚くて高い壁を乗り換えるにはどうすれば良いのだろうかと、試行錯誤していました。私の友人にも、エレクトーン演奏グレード5級に何度かチャレンジした人がいます。受験会場に行くまでに時間と交通費がかかり、しかも受験料も学習者グレードに比べると高くなることもあり、仕事とエレクトーンの受験を両立させるのが難しくなったそうで、ここ数年は受験していないという話を聞きました。

しかし、そこであきらめてしまっては、完全に止まってしまうので、やっぱり5級は絶対に合格したいですよね。エレクトーン演奏グレード5級まで合格することができれば、エレクトーン講師になる道も開けてくるわけですから。すごくきつかったけれど、今思えばあきらめなくて良かったなと思います。

エレクトーン講師になって、しばらくの間はその先のグレード試験については考える余裕がなくて、研修やシンポジウムなど多忙な日々を過ごしていましたが、ある時期から「そろそろ4級にチャレンジしたいと思うようになり、良き師に恵まれて幸いにも一回の受験で、4級に合格することができました。もうここまできたら、あとは3級受験にチャレンジするしかないと思うようになり、「もしかしたら合格を目指せるかもしれない」という予感が走り、4級を受験して、その1年後に3級を受験して、一回の受験で合格切符を手に入れることができました。

ここまでは、私がエレクトーン演奏グレード3級に合格するまでの話ですが、中にはこれから3級にチャレンジしようと思っている人や、すでに4級に合格して3級は受けようかどうしようか迷っている人もいると思います。

エレクトーン演奏グレード3級の受験について、さまざまな疑問点についてこちらで解消できればと思います。エレクトーン演奏グレード3級について、よく周りの人から質問されるのですが、作曲についてよく聞かれることがあります。

エレクトーン演奏グレード4級までは、とくに試験科目に作曲はありませんが、3級では自殺曲を1曲用意しておかなくてはならないので、とにもかくにも自分で曲を作らなければならないわけです。私と同期のエレクトーン講師が、「先生。3級を受験しようかと思って、今レッスン受けに行っているのだけど、自作曲ってどんなレベルの曲を作ったらいいの?」と尋ねてきたことがありました。

エレクトーンを子どもの頃から習っている人は、とくに楽曲を作る勉強をしてきた人も多いようです。そのような経験が豊富な人なら、エレクトーン演奏グレード3級を受験する時に、自作曲が必要になっても、とくに戸惑うことはないと思います。

しかし、4級まで順調に合格できたものの、これまでに作曲をしたことがない人にとっては、受験要項にある「自作曲を1曲用意すること」の文字を読んだ時点で、「これまで作曲など変革的に勉強をしたこともないし、どうしよう」と動揺してしまうようですね。

エレクトーン演奏グレード3級では、「作曲についてもこれからは必要な要素となるので、しっかり勉強しましょう。」という程度に認識していれば良いと思います。なにもプロの作曲家や音楽講師に専門的な作曲法などを習いに行く必要はありません。実際のところ、私は音大出身でもないし、作曲について変革的に学んだことはまったくありません。

とくに、これといって曲作りのセンスや才能があるというわけでもないし、強いて言えばいろんなジャンルの曲を聴いたりして、モチーフ即興の延長のような感じで、曲を作った程度です。自分の好きなジャンルの音楽やリズムを見つけて、最初は4小節程度のモチーフとなるメロディを作ってみて、そこから曲作りのきっかけをつかんではいかがでしょうか。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です