エレクトーングレード3級で苦手な課題曲を豊かに表現するには


ヤマハエレクトーン演奏グレード3級にチャレンジしたいと思ったら、まずは試験の時に演奏する楽曲の数をきちんと揃えて準備しましょう。私が受験したのはもうずいぶん前のことですが、その頃に比べると、今では3級の受験では課題曲が1曲、自由曲が4曲、そして自作曲を1曲用意すれば良いので、ずいぶんと準備が楽になったような印象を受けます。

自由曲4曲の中には、既成のエレクトーン楽譜の曲をレパートリーに加えることはもちろんですが、自分で編曲、つまりアレンジをした曲を盛り込んでも良いそうですね。なので、アレンジには自信がある!という方は、自編曲をレパートリーに加えておくと良いでしょう。

一昔前のグレード試験と比べて、楽曲数がずいぶん減ってしまいましたが、受験要項がこのように改正されてから、初めて5~3級の試験を受験する人は、これをどのように捉えているのでしょうか。
「用意する楽曲数が少なくて、それなら一発で合格する可能性が高いのでは」と期待する人もいるかもしれませんね。しかし、あくまでも試験を受けるために用意する楽曲の数が減っただけであって、試験の難易度が下がったというわけではありません。

エレクトーン演奏グレード3級を受験するのに、3級に対応した曲を4曲だけ練習してから、受験すれば良いという考え方ではなく、ビート感のある曲やジャズ、ワルツ、クラシック、ラテンなど、あらゆるジャンルの曲にチャレンジして、できるだけたくさんの曲を演奏できるようになることです。その中から、厳選した4曲を自由曲として選び、万全の体制で試験に臨みましょう。

自由曲で、必ずしもクラシック曲を演奏しなければならないという決まりはありませんが、これとは別に課題曲が1曲となっていて、クラシカルな要素の強い楽曲が多く、課題曲集の中から1曲を選ぶ必要があります。実際に試験で演奏する楽曲として準備が必要なのが1曲ではあっても、だからといって1曲しか演奏しないで、その曲を選ぶというのは、あまり感心できないですね。

それよりも、課題曲集の中から何曲か演奏してみて、その中からお気に入りの曲を1曲選んで試験のレパートリー曲にすると良いですね。自由曲にはリズムを使った曲を選ぶことはもちろんできますが、課題曲はとくにリズムを使わないで演奏するので、自分の本当の演奏力や表現力といったものが試されることになります。

自由曲は得意だけど課題曲が苦手だという人も多いのですが、苦手意識を克服するにはどうしたら良いのでしょうか。ふだんからクラシック曲をよく聴いている人や、演奏する野が好きな人は、それほど課題曲が苦手ではないようです。しかし、ふだんからリズムに乗って演奏するのが好きな人や、リズムを使わない曲が苦手な人、クラシック曲をあまり聴かない人や演奏しない人は、どうも苦手意識がつきまとうようです。

それなら、クラシック音楽をたくさん聴いて、その中からお気に入りの曲を探してはいかがでしょうか。クラシックは固いイメージがあるかもしれませんが、穏やかな癒し系の曲もたくさんあります。フィギュアスケートの試合でも、クラシック曲がよく使われていて、旋律が美しい曲やダイナミックな曲もたくさんありますから、身近なところからクラシック音楽に親しんでおくと良いですね。

お気に入りの曲が見つかったら、演奏してみると良いですが、その前にレジストレーションを組む必要があります。エレクトーンには、フルートやオーボエ、ホルン、クラリネット、トランペットなどのいろんな楽器の音色があるので、クラシック曲を聴いてどのような音色が使われているのか、演奏をよく聴いてみると良いですね。

課題曲ではクラシカルな曲が多く、既成の曲ではないので、レジストレーションは自分でイメージして作ることになると思いますが、このフレーズはこんな楽器が合う、この部分は力強い感じだからこんな音色が合うというように、イメージができると、立体感のある表現力豊かな演奏ができるようになると思います。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です