エレクトーン演奏グレード3級の即興を楽しく学ぶには


これまでエレクトーン演奏グレード5級・4級までは1発でクリアしたのに、3級の試験は新たに自作曲も加わり、即興の試験もさらに難易度が高くなるので、なんだか敷居が高いと感じている人も少なくないようです。

すでにエレクトーン演奏グレード4級に合格して、ここまでは順調に来れたのに3級の試験を受けるかどうか、迷う人もいるようですね。4級を持っているからエレクトーン講師としては十分にやっていけるし、毎日のレッスンや発表会など行事もあるし、試験のために時間がとれないので、3級は受けなくても良いと考えている人もいれば、せっかくここまで来たのだからもうチャレンジするしかない!とポジティブ志向の人もいるわけです。

エレクトーン演奏グレードでは、とくに即興演奏の難易度が高くなりますが、難しいことにチャレンジするというよりは、自分が持っている音楽の力をさらに伸ばすために、さらにいろんな音楽を聴いたり演奏して、もっともっといろんなものを吸収してほしいと思います。

即興Aでは、2ビートや4ビート、ワルツやジャズワルツ、ラテン、ボサノバなどいろんなジャンルがありますが、試験当日に渡される譜面には、メロディーだけしか書かれていないので、コードネームやリズムなどは、その場で見て「このメロディーならこんなリズムが合う」と自分で速やかに判断して、そのメロディーの持つ雰囲気に合うリズムや伴奏をつけます。

これだけでも大変な作業ですが、さらに2コーラス目には変奏をするので、ここで自分の音楽の演奏力や表現力といったものが、より強く要求されます。即興の課題では、コードネームがついていないので、まずはメロディーに合うコードネームをつけられるように、しっかりと訓練しておかなければならないですね。

メロネームディーに合わないコード進行だと、とても不自然に聞こえてしまい、音楽として成り立たなくなってしまいます。また、メロディーの雰囲気に合わないようなリズムを選んでしまうと、メロディーの良さが活かされなくなり、これもまた不自然に聞こえてしまいます。3級の即興課題では、自然な感じに聴かせることも必要なので、即興問題集を1冊揃えておいて、何度も演奏するように心がけておくと良いですね。

メロディーを見て、曲のイメージをつかみ、伴奏をつけて演奏する練習を何度も繰り返して行うことです。それが自然に出来るようになったら、伴奏をつける時に、ただベタ弾きでコードを押さえるだけではなく、リズムや曲の雰囲気に合わせてバッキングをつける練習に入りましょう。

たとえば、ボサノバのリズムで演奏するなら、その曲の雰囲気に合わせてバッキングをつけてみましょう。バッキングについては、とくにギターの演奏を聴くとよくわかると思いますが、リズム感を出すこと、そしてバッキングのひとつひとつのリズムについて強弱を出すことによって、独特のリズム感が生まれるようになります。ここまでできるようになったら、リズムの雰囲気に合う音楽が思うように表現できると思います。

エレクトーン演奏グレード3級の即興課題では、3拍子のメロディーがよく出題されることがあるのですが、楽譜をパッと見て、クラシック風のワルツで演奏するか、それともジャズワルツで演奏するか、2つの選択肢に迷うこともあると思います。

メロディーを見てコード進行がそれほど複雑ではない場合は、クラシック風のワルツにして演奏すると良いかなと思います。反対に、コード進行が複雑で、適度に動きがあるようなメロディーなら、ジャズワルツにして演奏すると良いかもしれませんね。

クラシック風のワルツにして演奏する場合は、わざわざワルツのリズムを選んで、リズムに合わせて演奏する必要はなく、ワルツの雰囲気を出すためにはあえてリズムを入れないほうが自然です。ジャズワルツで演奏する場合は、そのリズムを選んで演奏すると良いと思いますが、バッキングが得意でしっかりとしたリズム感を保てる自信があれば、あえてリズムを入れなくても良いと思います。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です