エレクトーングレード3級ではどんな演奏レベルが求められているの?


現在、ヤマハのシステム講師や個人的に自宅でエレクトーン教室を開業している人は、ヤマハエレクトーン演奏グレード5級を取得していて、ただいま4級にチャレンジする人もいれば、すでに4級まで取得していて今後はさらなる飛躍を遂げようと思い、3級の合格を目指す人もいるようです。

5級よりも4級、そして4級よりも3級のほうが当然のことながら、グレード試験としてのレベルがアップしてより高い演奏力や表現力を求められるようになります。これから初めてエレクトーン演奏グレード3級にチャレンジする人も、すでに何度か受験してまだまだ合格点に届かない人もいると思いますが、難易度の高い試験なので、けっしてあせらずに前を向いてつき進んでほしいなあと思います。

「4級まではトントン拍子で合格できたのに、3級は何度も受験したけど、まったく合格の兆しが見えてこないし、自分の演奏について何が悪いのか、さっぱりわからない」と嘆く人もいるようです。「何度か3級にチャレンジしたのに、いつも合格点に1、2点足りない」と悩む人もいるようです。合格点に達するまでの1,2点の差歯小さいようでいて、実は大きな1,2点ですね。

あともう一歩で合格ラインが見えているのに、この1,2点の部分が追いつかなくて、エレクトーングレード3級の再チャレンジをあきらめる人もいるようです。よく考えてみたら、合否に関係なく、試験を受けることだけでもすごいですよね。3級を受けるために、課題曲や自由曲、自作曲を用意して、即興課題や初見演奏など、すべての科目をクリアしなければ合格点には手が届きません。

そして、当然のことながら学習者グレードに比べると、エレクトーン演奏5~3級は指導者グレードですから、受験する場所も遠くて、地方からの受験者は日帰りするのも大変だし、交通費や受験料などがかかってしまいますよね。合格点に届くまであともう一歩なのにも関わらず、受験料や交通費などが負担になり、再チャレンジを泣く泣くあきらめる人も少なくないようです。

すでにエレクトーングレード4級を取得していて、何度か3級にチャレンジした経験のある人も「頑張って4級まで受かったんだからこれでいい」と満足感にひたる人もいるし、人それぞれいろんな価値観があると思います。

しかし、それでもやっぱりせっかくここまで順調に合格してきたのだから、最高レベルの演奏力を身につけて3級に合格したい!と志の高い人もたくさんいます。試験のための準備にも時間がかかるし、日々レッスンしながら自己研鑽に励むのは大変なことです。でも、忙しい合間をぬってエレクトーン演奏グレード3級への合格を目指して、地道にコツコツ頑張っていれば、自分では気づいていなくても自然に実力が身につくようになるものです。

エレクトーン演奏グレード3級と4級の違いについて比べてみると、試験の内容ではこれまで4級にはなかった科目として、新たに自作曲が追加されることです。作曲をした経験がない人にとっては、自作曲が新たな壁になるとは思いますが、未知なる分野であるだけにかえって意欲がわいてきて、これを機会に作曲について学ぶ人もいます。

私の場合、とくに音楽関係の短大や専門学校、大学を卒業したわけではなく、短大卒業後はOLとして働いてきて、アフター5を有効活用してエレクトーングレード試験にチャレンジしてきました。その後、ヤマハのエレクトーン講師になってからは、4級までを目標してきましたが、良き師に恵まれたこともあり、自作曲をぜひ1曲は作りたいと思うようになりました。

でも、自分で曲を作るとなると、コード進行法とか和声とか、音楽の専門的なことを勉強しないといけないのでは?と思うかもしれませんね。人それぞれいろんな考え方があるとは思いますが、和声やコード進行、少し勉強はしましたが、広く浅くといったところでした。作曲の勉強とはいっても、何をどうすればいいのかというと、専門的な知識にこだわるよりは、自分の音楽的なセンスや感性を磨くことが大切ですね。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です