エレクトーングレード3級の課題曲の上手な選び方


ヤマハエレクトーングレード3級をこれから受験する人は、自由曲と課題曲、そして自分で作曲した楽曲を用意する必要がありますが、私が受験した頃に比べると全体の曲数がかなり減っているので、これから受験する人はいいなあ~と思うこともあります。

しかし、曲数が減ったからといって、必ずしも試験自体の難易度が下がったというわけでもなく、従来よりも合格しやすい状況になっているかというと、けっしてそんなことはありません。ちなみに、課題曲については、私が受験した20年ちょっと前には、5級~3級では、3~5曲だったと記憶しています。しかし、近年は受験要項の改訂により、5~3級では課題曲が1曲、自由曲は5~4級が3曲、3級では4曲となっています。

3級ではトータルで6曲となっていますが、私が受験した頃は、課題曲・自由曲・自作曲をすべて合わせても20曲近くだったと思います。自由曲の中には、既成の曲を自分でアレンジした曲を盛り込んでも良いそうなので、アレンジが得意な人は、ここは大きな見せ場になると思います。

さて、本題を元に戻しますが、課題曲について、5~3級までは1曲のみ選択するので、当然選択したその楽曲を試験の時に演奏することとなります。従来のように、何曲かの曲を用意しておいて、その中から1曲当たるのではないので、ずいぶんと楽になったものだと思うかもしれませんが、3級の課題曲の難易度は高くなっているので、しっかりとした表現力や演奏テクニックが求められます。

よく考えてみたら、課題曲集に掲載されている多くの楽曲の中から、たった一曲を任意で選択するわけですから、ここはじっくりと時間をかけて選びたいものです。中には、「グレード3級の試験で演奏する課題曲は1曲選んだらいいので、それなら最初から1曲しか練習しなくて良い。」と考えている人もいるようです。

しかし、狭く浅くではなく、より広くより深く多くの楽曲を演奏して、その中から1曲を選ぶことです。中には、「課題曲は1曲なので、それなら曲がいちばん短くて弾きやすい曲を」といった観点で楽曲を選ぶ人もいるようです。楽なことをしてエレクトーングレード3級に合格したいと意気込んでも、所詮はその程度の演奏力しか身についていないので、まず合格は無理でしょう。

課題曲集には、素晴らしい楽曲が多数掲載されているので、ひとつひとつの楽曲の素晴らしさをまずは体感してほしいと思います。素敵な曲に出会えるようになったら、ぜひ弾いてみたい!自分なりに表現したい!という気持が生まれてくるはずですから、自然と指が動くようになります。

課題曲集の中から多くの楽曲を演奏すればするほど、試験で用意する曲はどれにしようかと思い悩むこともあると思いますが、その中から自信を持って演奏できる曲が、必ず見つかるはずです。レパートリーがどんどん増えてくると、いつしか自分の演奏にも自信がみなぎるようになります。

多くのレパートリーの中から課題曲をたった1曲選ぶのに迷うこともありますが、当たり前ですが好きな曲を選ぶのが一番だと思います。しかし、何曲か好きな曲があり、迷っている時は表現しやすい曲、テクニック的にも無理なく演奏できる楽曲を選んではいかがでしょうか。無理をしてまで難易度の高い楽曲を選ぶ必要はなく、自分に合う曲を選ぶと良いと思います。

課題曲を演奏するのに、表現力豊かな演奏すること、その楽曲を忠実に演奏すること、そしてもうひとつにはレジストレーションが重要ポイントになります。レジストレーションとはレジストともいい、演奏する曲のリズムや音色のことを言います。課題曲を演奏するのに、とくにリズムを使用することはなく、基本的には音色に変化をつけて表現することになります。楽曲の雰囲気に合った音色にして、キレイな音で表現することができるように、練習するように心がけましょう。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です