エレクトーングレード3級合格を目指すならあきらめないことが大切


エレクトーンの試験に限って言えることではないのですが、自分が目標としていることとを実現させたい、夢を叶えたいと思うなら絶対にあきらめないことが大切ですよね。

中には、「エレクトーングレード3級は、エレクトーンを専門的に勉強できる大学や短大、専門学校を卒業した人でないと受からないのでは?」と思っている人もいるようです。現在、ヤマハエレクトーングレード3級を取得している人の中には、エレクトーン科のある音大や短大、専門学校出身者もたくさんいますが、音楽関係の大学や専門学校出身者ではない人もたくさんいます。

ですから、結論から言えば、音楽関係の学校出身者でなくても、エレクトーン3級に合格できる可能性は十分にあります。よく考えてみたら、専門学校や短大、音大で習得することができるエレクトーンの知識や技能について、学校の授業ではいつもエレクトーンの演奏だけをしているわけではありません。

集中的にエレクトーンの表現力やテクニックを身につけたいと思うのなら、個人的に講師のレッスンを受けるのがいちばんの早道だと思います。エレクトーン科のある大学や短大、専門学校は全国各地にたくさんありますが、有名な大学を出ているから、有名な講師やプレイヤーのレッスンを受けていたからといって、必ずしもエレクトーングレード3級に合格するとは限りません。

今は受験シーズンのまっただ中で、音大やエレクトーン科のある短大、専門学校への進学を希望している人の中には、エレクトーングレードの5級以上の合格を目指していて、その事を目的としている人もいるようですが、エレクトーンについて集中的に学ぶのなら、やはり個人的にレッスンを受けたほうが、上達が早いと思いと思います。なによりも、気になるのは学費ですが、進学することを考えるとと、最低でも2~4年もかかるわけですから、学費や下宿代、食費などもかかります。

これまでエレクトーングレード5級、4級まではスムーズに合格できたのに、3級は何度チャレンジしても合格点に近づくどころか、ますます遠のいていくばかりで自信を失う人も少なくないようです。

何度か受験しては不合格の通知を受け取り、「もうここまでなのか」と思ってあきらめる人もいれば、何度チャレンジしてもあきらめないで「今度こそは絶対に合格しよう」と決意を新たにする人もいます。エレクトーンの試験に限らず、この時点で粘り強く頑張る人は、合格切符を手に入れる確率が非常に高いものです。もうここまでと思ったら、受験をしなくなるので、本当にそこまでで終わってしまうと思いますが、あきらめずにチャレンジする人は向上心が強く、今まで以上により実力をアップさせようと思うものです。

もうあと少しで合格点に近づいているのに、そのあと一歩のところで合格点に届かない人もいますが、その結果を見ても、もうあと一歩のところまで合格ラインが近づいているわけですから、そう考えてみれば希望がおおいに持てるのではないでしょうか。

エレクトーングレード3級は、当然のことながら、5~3級の指導社グレードの中ではもっとも難易度が高いので、そう簡単に合格するわけがありません。5,4級まではすんなり合格した人でも3級となると、やはり敷居が高いものです。

エレクトーングレード3級に合格したいけど、どんな勉強をすれば良いのか、なかなか合格できなくてもうあきらめたほうが良いのか、いろいろ悩みは尽きないと思いますが、そんな時はインターネットで検索して、3級にチャレンジしている人や3級に合格するまでの学習法などについて書かれたブログなどもありますので、参考にしてはいかがでしょうか。

中には、同じような悩みを抱えている人もたくさんいると思うので、ネット上で交流して悩みを共有するのも良いかもしれませんね。何事もあきらめないことが肝心ですから、あと一歩、二歩とできる限りの努力をすることです。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です