エレクトーングレード3級で初見演奏が上手になりたい! その秘訣とは?


ヤマハの音楽教室でエレクトーン講師として仕事をしている人にとってはもちろんのこと、個人で音楽教室を経営している人にとっても、エレクトーングレード3級にチャレンジして合格切符を手に入れることができれば、講師としてこれほどうれしいことはありません。それくらい、ヤマハエレクトーングレード3級は、価値が高い試験であり、エレクトーン演奏グレード5級と4級に比べると、かなり難易度の高い試験であると言えるでしょう。

これまでエレクトーングレード5級と4級には一発で合格してものの、3級になるとこれまでの試験のようにはいかず、試験官の講評も厳しくなります。中には3級に何度チャレンジしても合格切符を手に入れるどころか、受験すればするほどに合格点からほど遠い点数が返ってきて、この次にもう1度チャレンジしようという気力を失いかける人も少なくないようです。

私がヤマハエレクトーン演奏グレード3級に合格したのは、今から20年以上も前のことですから、今ではグレード試験の要項も改正されていて、自由曲と課題曲で用意する曲数や課題曲に使用される曲も新しい曲がどんどん入っています。即興演奏には即興Aと即興Bと2つの項目に分かれていますが、即興演奏に関しては、その頃と比べると、とくに難易度が変わることはないようです。

もうひとつ、エレクトーン演奏グレードの5~3級では、初見演奏があります。初見演奏は、その名の通り、試験の時に与えられた楽譜を少し見た後にすぐに演奏をします。即興演奏とは違い、与えられた楽譜を忠実に演奏しながらも、強弱記号が書かれている場合は、その通りに表現する必要がありますので、演奏力とともに曲の表現力が問われます。

意外なことに、エレクトーン演奏グレード3級になかなか合格できない人は、即興演奏とともに初見演奏が苦手な人が多いようです。私の場合は、自由曲と課題曲は何度も練習すれば、それなりにきちんとした表現力や演奏力がつくのですが、即興が苦手でした。おそらく、このようなタイプの人がたくさんいるとは思うのですが、即興が苦手とではあっても、初見演奏を得意としていたので、その点が私自身の強みでもありました。

わたしたち音楽講師の仲間にも、エレクトーンの研修会などに参加するとよくわかるのですが、いろんな曲を演奏する機会があり、楽譜を与えられてすぐにその場で演奏する機会は何度でもあります。その時に、楽譜を初めて見て演奏するわけですから、メロディーや伴奏の弾き方がぎこちなくなる先生もいれば、初見で演奏していても、いかにもこれまでに何度も弾き込んでいるような印象を受ける先生もいます。つまり、その場で初めて楽譜を与えられて、演奏するのを聞いていると、初見が得意な人もいれば苦手な人もいて、その差がすぐにわかってしまいます。

初見が苦手な人が演奏するのを見ていると、楽譜を目で追うことに一生懸命になっていて演奏することに余裕がありません。ちょうど今演奏している小節の部分をまっすぐ目で追いかけているようです。私の場合は、結婚式場でブライダルプレーヤーの仕事を経験していたこともあり、新郎新婦の友人や親戚がお祝いの歌を披露するのに、リクエストされた曲をエレクトーンで演奏していました。

「赤いスイートピー」や「祝い船」などの結婚式でよく歌われる定番ソングは、何度もこれまでに演奏したので楽譜がなくても演奏できるし、あまり演奏したことがない曲をリクエストされることもあります。そんな時は、楽譜をすぐに用意して、その場で演奏するので、お客様が私のエレクトーン演奏で歌いやすいように気配りしながら、しかも初見で演奏しなければなりません。そんなことを今まで何度も経験してきたので、エレクトーン演奏グレード3級では、初見演奏にとくにつまずくこともなく、余裕を持って演奏することができました。

初見演奏は、これまでに演奏したことのない楽曲や練習曲など、なんでも良いので、まずは楽譜を見て20~30秒予見してすぐに演奏する習慣をつけておくと良いですね。実際にエレクトーンの生徒にレッスンする時に、生徒が最新のヒット曲の楽譜を持ってきて、「先生、これ弾いてみて。」とリクエストされることがよくあります。

そんな時に、初見演奏がぎこちない演奏になると、生徒の前で恥ずかしいし、曲の持つ魅力が伝わらなくなってしまいますよね。エレクトーン演奏グレード3級で、初見演奏が上手にできるようになれば、試験をクリアできることはもちろん、生徒の前でも格好がつくと思うので、ここはふんばりどころですね。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です