エレクトーン3級への合格を目指すならサンバやボサノバ音楽を聴いてみよう


ヤマハエレクトーングレード3級への合格を目指すなら、エレクトーンにかじりついてがつがつ練習するのではなく、もっと音楽性を磨くことに頭を切り換えてはいかがでしょうか。エレクトーングレード6級までは順調に合格したけれど、5級は何度受験しても合格できない人は、即興が苦手なこともひとつの原因だけれど、もうひとつには自由曲で演奏する曲のジャンルが偏っていることも挙げられるようです。

6級に合格して5級に何度かチャレンジしたけれど、合格できない人は、自由曲のレパートリーをもう1度見直すと良いかもですね。もしかしたら、8ビートや16ビートのリズムの曲ばかりが並んでいるのではないでしょうか。

できれば5級を受ける段階から、いろんなリズムの曲、あらゆるジャンルの曲に積極的にチャレンジしてほしいです。手前味噌で恐縮ですが、私がヤマハエレクトーングレード5級を受験した時は、自由曲のレパートリーが7曲もあり、8ビート、16ビートの曲も1曲ずつ入れていましたが、あとはスイング、タンゴ、ラテンなど、いろんなジャンルの曲を盛りませてみました。

そのせいか、試験官がとても喜んで、タンゴの曲を弾くように言われたのですが、結果は不合格でした。今思うと、とても苦い経験ですが、5級のレパートリーで、いろんなジャンルの音楽を演奏していたこともあり、4級の試験ではそれほど苦労することもなく、3級まで順調に合格することができました。

エレクトーン演奏グレード4級と3級の差は、いったいどんなところにあるのだろうと考えた時、とにもかくにもいろんなジャンルの音楽を聴いて、あとはもう自分のものにするしかない!と思いました。ちなみに、エレクトーングレード4級を受験した時は、少しラテン系の曲が多かったので、3級を受験する時は、もっともっといろんなジャンルの音楽を盛り込みたいと思うようになり、これまではあまり演奏したことのなかったサンバやボサノバといったブラジル系の音楽にチャレンジしてみたいと思うようになりました。

8ビートや16ビートの曲は、ノリやすいので演奏しやすいですね。だから、グレード6級や5級を受験する人の多くが、8ビートや16ビートの曲を中心に選んでいるようです。自由曲だから、受験するグレードに該当するのであれば、ジャンルはどのようなものでも構いません。演歌が好きな人なら、グレード5級レベルの演歌の楽譜もあります。

しかし、エレクトーングレード3級を受験するとなると、自分が得意なジャンルの曲ばかりを選ぶのはやはり考えものです。ここまで来たら、どんなジャンルの曲でも弾きこなせるようになりたい!と思い、サンバやボサノバのブラジル系の曲のCDをレンタルショップでたくさん借りてきては、テープに録音して夜寝る前には繰り返し聴いていました。

これまではテレビで、リオのカーニバルの風景を見て、サンバってこのように情熱的な音楽なんだというくらいに思っていましたが、CDを聴いてみると、わりと軽い感じのサンバの曲もあれば、激しくノリノリのサンバの曲もありました。私がエレクトーングレード3級を受験する少し前には、サンバから派生したジャンルの音楽だと思いますが、サルサと呼ばれるリズムの音楽が大流行した時期でもありました。

ブラジル系のCDを聴いた限りでは、情熱的なサンバも良いけれど、落ち着いたムードのボサノバの曲がとてもお気に入りでした。3級のレパートリーには、「オルフェのサンバ」というわりと軽いノリのサンバの曲と、「リカード・ボサノバ」という渋めのアップテンポのボサノバの曲を選びました。

後は、スペインの民族音楽にも興味を持っていて、パソ・ドブレと呼ばれる3拍子の独特のリズムの曲として、「グラナダ」というスケールの大きな曲を選びました。パソ・ドブレというリズム、若い世代の人はほとんど知らないと思いますが、社交ダンスで育った世代の人なら、よくご存知かもしれませんね。

このようにして、自分が興味を持ったジャンルの音楽をどんどん聴いて、演奏する曲の雰囲気をしっかりつかむようにしました。エレクトーングレード3級のレパートリー選びには、かなりの時間がかかりましたが、いろんなジャンルの曲に興味を持って演奏することで、音楽の貯金がどんどんできるんですよ。

難易度の高い試験ですから、合格までにはほど遠いと思うかもしれませんが、小さな一歩を踏み出すことが、合格という大きな切符を手に入れるための大きな一歩につながると思うので、まずはここからがスタート地点ですね。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です