エレクトーングレード3級と4級の違いとは? 3級に求められる演奏力とは


ヤマハエレクトーングレード3級に合格した人は、全国各地にどれくらいいるのか、詳しいデータがないのでよくわかりませんが、極めて難易度の高い試験であることは確かです。幸いにも、私は良き師に恵まれたこともあり、きめ細やかな指導をしていただいたおかげで、1回の受験で合格できたので、とてもありがたいことだと思っています。

同期の講師さんに話を聞くと、「5回目のチャレンジでやっと合格できた」と答えた人もいれば、「3級にチャレンジしようと思ったこともあるけれど、作曲をしなければならないので、受験するのを迷っている」「今までに何度かチャレンジしたけれど、受験料や交通費もかかるし、忙しいレッスンの合間をぬって、3級のための勉強をする時間がとれない。4級まで合格できたのだから、もうこれで十分だ。」という人もいます。

ヤマハエレクトーングレード4級に合格していて、今後3級を受験するかどうか、賛否両論で人それぞれいろんな考え方があると思います。受験する以上は、「必ず合格する!そのためにはどんな努力も惜しまない!というくらいの強い覚悟を持ってチャレンジしてほしい」というのが、正直な気持ちです。

エレクトーングレード3級への合格を目指すなら、練習する時間を十分に確保する必要があります。そして、受験するのに曲目を決めて、自作曲や即興演奏なども、先生について指導をしてもらう必要があります。

ヤマハエレクトーングレード4級と3級との試験内容の決定的な違いは、自作曲が新たに加わること、そして即興Aと即興Bの難易度がさらにレベルアップすることです。即興Aについて、4級と3級の課題を比較すると、課題によっては、全体の小節数が長くなる場合もあれば、小節数が比較的短いものでも、コード進行が複雑になる場合もあります。曲の途中で転調する場合もありますので、不自然なコード進行だと減点されるリスクが高くなります。

「即興が苦手なら自由曲と課題曲で点数を稼げばいいじゃないの」と思うかもしれませんが、グレード5級以上の試験では、そのような甘い考えでは通りません。なぜなら、どの試験科目もある一定のレベルに達していなければ、合格できない仕組みになっているからです。

グレード試験が改正され、合格基準に達することができなかった科目があれば、ある一定の期間内に追試を受けて合格基準に達することができれば、合格と判定されることになりました。今から15年以上も前に5~3級のグレード試験を受験したことがあり、長いブランクがある人や、これから3級にチャレンジする人は、試験要項が以前とは変わっているので、まずは最寄りの楽器店に行って、エレクトーングレード3級の試験要項を取り寄せて、試験科目や内容について、確認しておきましょう。

ヤマハエレクトーングレード3級を受験する際に、4級を受験する時に演奏した自由曲や課題曲を選んでもとくにかまいません。演奏する曲が、3級のレベルに見合っているものであれば、4級受験の時に弾いた曲でも、なんの問題もありません。

それなら、自由曲や課題曲は何度も練習してきたからバッチリ!だと自信を持つ人もいますが、演奏する曲目は同じものであっても、豊かな表現力と演奏力が求められるのも、グレード3級ならではです。自分の演奏力をレベルアップさせるには、自分の演奏力がどんなものか、自分で把握する必要があります。エレクトーンには、録音機能がついているので、これをうまく活用して、試験の時に演奏する曲について、録音してみると良いですね。

わたしたちはふだん、CDやテレビ、ラジオから流れる音楽を聴いたり、コンサートや発表会で他人の演奏を聴く機会は多いですが、自分の演奏を自分で聴く機会は意外と少ないものです。ヤマハエレクトーングレード3級に合格するには、自分の演奏力を確かめること、そして今の自分の演奏には何が足りないのか、まずはそこからじっくりと分析することからスタートしましょう。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です