エレクトーングレード4級の即興Aでもっと力をつけるには


ヤマハエレクトーン演奏グレードを何度受験しても、演奏の項目では合格レベルに達しているのに、即興の点数が低くて、その後追試を受けてもなかなか合格できなくて悩んでいる人も多いようです。

私の生徒さんにも、4級を何度か受験したけど、即興の点数がいつも低くて合格できないので、しばらく受験を見合わせているそうです。試験を受けたら、必ず試験官からの講評がありますので、まずは耳を傾けることです。時には講評が厳しくなることもありますが、今後に向けてのアドバイスもしてもらえるので、講評で言われたことを忘れないように、試験室を出たらすぐにメモしておくことです。

そして、即興の力をつけるために、今の自分の演奏には何が不足しているのか、自己分析してはいかがでしょうか。一昔前のエレクトーンには、演奏を録音する機能はありませんでしたが、最新のエレクトーンや少し前の古い機種でも、演奏の録音機能がついているので、これをおおいに活用しちゃいましょう。

ELシリーズのエレクトーンだと、フロッピーに録音しますが、近年は外付けのMDRが販売されており、フラッシュメモリにも対応しています。今では、家電量販店に行っても、フロッピーは販売されていないので、フラッシュメモリを用意しておくと良いですね。

エレクトーン演奏グレード級以上は指導者グレードであり、即興Aと即興Bに分かれています。即興Aでは、16~32小節程度の長さの1段譜を与えられて、イントロ、エンディングをつけて2~3コーラスにまとめて演奏、そして即興Bはモチーフ演奏と言い、2~4小節程度の1段の楽譜を見て、この続きを曲にしてまとめるといった課題です。

まずは、即興Aから見ていくと、自宅で練習する時には、ラテン、スイング(2ビート・4ビート)、8ビート、16ビート、ワルツといったジャンルでの即興課題が出されるので、すべてのジャンルについて対応できるように、伴奏づけやコードづけの練習を徹底的にすることです。

そして、問題集にどんどんチャレンジして、自分の演奏をフロッピーやフラッシャメモリに録音してみましょう。録音機能がついていないエレクトーンで演奏する場合は、ラジカセやウォークマンなどを活用すると良いでしょう。

演奏している時は、一生懸命なので自分の演奏がどのような感じなのか、わかりづらいですが、自分の演奏を録音して、その後に聞いてみると、自分の演奏について弱点が把握できるようになります。

たとえば、コード付けがメロディの雰囲気に合っていない、伴奏がリズムとズレている、2コーラス目のメロディーフェイクの部分について、いまひとつセンスがない、3コーラス目の盛り上げ方がいまひとつ、イントロとエンディングの弾き方が、このリズムには合っていないなど、弱点や欠点についてまずは分析してみましょう。

そうすれば、今後はどのような点を強化していけば良いのか、見えてくるはずです。ただなんとなく、即興の課題をしていても、自分の弱点や欠点がわからないので、あまり上達する見込みがないかもしれませんが。自分に足りないものが何なのか、把握できるようになれば、あとは苦手な部分を何度も繰り返して勉強すれば良いので、レベルアップできると思います。

即興Aについて上達するには、課題に見合うリズムを選び、そのリズムに合った伴奏をつけること、イントロとエンディングのコード進行を工夫するとともに、そのリズムに合う雰囲気にすること、2コーラス目のメロディーフェイクのセンスを磨くこと、3コーラス目のブロック奏をしっかりと決めることです。これらの要素について、すべてクリアできるようになれば、合格点に達することでしょう。即興Bのモチーフ演奏については、またの機会に詳しくお話したいと思います。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です