エレクトーングレード4級に合格するには表現力を身につけること


エレクトーンを習い始めて、8級・7級・6級・・・と、学習者グレードの受験はスムーズに合格できても、6級に合格してから5級を受けるとなると、いよいよここからが指導者グレードになるので、合格基準が高くなり、試験管の見方も厳しくなります。

ヤマハエレクトーン講師を目指すには、最低ラインとして5級にはぜひ合格したいものです。そして、5級に合格したら、ぜひぜひ4級にもチャレンジして、幅広い音楽のジャンルを表現できるようになれると良いですね。

エレクトーンの生徒にとっては、5級を持っている先生よりも、やはり4級、3級を持っている先生のほうが、ハイレベルな内容について学べると思うので、生徒からの信頼度アップ、そして自身のスキルアップのためにも、4級以上のエレクトーングレードの合格を目指してほしいものです。

しかし、ヤマハエレクトーン演奏グレード4級を目指している生徒さんの中には、「5級までは順調に合格できたのに、4級は何度チャレンジしても合格できなくて。どのような練習をすればいいのか、わかりません。」という人もいれば、「エレクトーン演奏グレード4級に合格するには、音楽のセンスを身につける必要があると言われていますが、どのような努力をすればいいでしょうか。」といった質問をよく受けることがあります。

これまでに何度か4級を受験したものの、なかなか合格できないと悩んでいる生徒さんの多くが、自由曲や課題曲などの演奏の項目ではほぼ合格基準に達しているのに、即興や初見演奏につまずいてしまい、いつも点数が低い傾向にあります。

即興が得意で自由曲が苦手という生徒さんは少なく、初見演奏も、いろんな楽譜を初見で演奏する習慣をつけておけば、自然に慣れてきます。4級以上だと、やはりある程度の即興力は必要になると思います。

ある生徒さんが、エレクトーン演奏4級を受験したところ、自由曲や課題曲の演奏については、「もう少し全体的にメリハリのある演奏がほしい。」と試験官からアドバイスされたそうですが、今後に向けて何をどうしたら良いのかわからず、戸惑っている様子でした。

全体的にメリハリのある演奏とは、どのような演奏なのか、まずはここの部分をしっかり理解しなければなりませんね。6級までの学習者グレードや5級までは、自分の好みのジャンルの曲だけを集めて、自由曲として選んでも良いですが、4級以上では、できるだけ多彩なジャンルの中から選び、演奏する曲のジャンルが偏らないように心がけたいものです。

たとえば、8ビートや16ビートの曲が好きな人は、このジャンルの曲だけを自由曲として選ぶ傾向があります。もちろん、受験するグレードに該当する曲であればそれでも構いませんが、多彩なジャンルの曲を演奏できるようになってこそ、表現力が身につくというものです。試験官からアドバイスされた「全体的にメリハリのる演奏」とは、このことを言っているわけです。

演奏する曲目について、リズムのノリをしっかり感じて弾くこと、そして演奏する曲のジャンルについて、いろんな音楽を聴いて自分のものにすることです。そうすれば、自然にしっかりとした表現ができるようになります。

エレクトーンで音楽をしっかり表現するには、単に音の強弱をつけるだけではなく、演奏する楽器について、タッチトーンで表現することが肝心ですね。たとえば、バイオリンのような弦楽器とトロンボーンやトランペットなどの金管楽器とでは、楽亜にはスラーやスタッカートがついていても、演奏の仕方がまったく違います。
細かいことですが、実はこのような地道な努力があってこそ、音楽をより深く表現できるようになるコツなのです。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

One thought on “エレクトーングレード4級に合格するには表現力を身につけること”

  1. はじめまして。質問したいと思ったのですが、どこですれば良いかわからなかった為、コメント欄にて失礼します。
    聞きたいこととしては二つです。
    一つは、グレードの初見演奏について。来年の一月に演奏グレード4級を受ける予定なのですが、初見演奏が壊滅的であまりの出来の悪さに自分でも嫌になってしまいます。昔から楽譜通りに弾くというのが苦手で、すぐに自分の弾きやすいように変えたり即興で弾いたりします。そのせいか、即興演奏や自由曲などは得意なのですが、初見力が皆無です。あの20秒足らずの予見とその後に弾く時間が恐怖で、楽譜から読み取る膨大な情報と音符の細さに精神がやられてしまい、途中で止まったり超適当に弾いて終わりにしてしまいます。5級の際も、11.5/20という点数で目も当てられず。教えていただきたいことは、この初見に対する恐怖心をなくす方法と初見力をあげる練習法などを教えてもらえると幸いです。
    もう一つは、音色やリズムの作り方についてです。毎年EFに出ていることもあり、音色も下手の横好き程度には作れるつもりではいますが、先生の元に持っていくと必ず直されます。その際にエフェクトなどを用いて直してもらうのですが、このエフェクトの使い方がよく分からないのです。いろんなジャンルを弾きますが、特に電子サウンドを好むためかエフェクトを使う機会もあるので、自分でつけてみたりするのですが、先生が作るようなイマイチいい音が出ない。音の使い方を見ると、『えっ、そこでその音を使うの?この音ってこんなに可能性があるの!?』と感じさせられてばかりです。リズムに関しても同じことが言えて、自分の音色やリズム作りの才能や経験がなさすぎるのが悩みです。どうすれば良いのでしょうか?
    大変低レベルな悩みですが、回答をよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です