エレクトーングレート4級合格の秘訣はその曲に合ったタッチで表現すること


一昔前にエレクトーンを習っていた人は、木目調の茶色い色をしたエレクトーン、音色の切り替えはボタンではなく、レバー式になっていたエレクトーンがなじみ深いと思いますが、今、エレクトーンを習っている人たちは、おそらくこのような古いエレクトーンを見たことはないかもしれませんね。

今は、もう結婚式場でもこのような古いタイプのエレクトーンを見かけることはほとんどなくなりました。最新式のエレクトーンは、ボタンがたくさんついていて、音色やリズムの種類が多くて、ジャズやマーチ、8ビートや16ビートのリズムの種類もかなり増えてきましたね。ひとつひとつの音色の響きがキレイで、ピアノの音色は強い力で弾くと、大きな音が出て、弱い力で弾くと音が小さくなります。

トランペットなどの管楽器の音色も実にリアルで、アフタータッチをかけると、音が強くなります。鍵盤を下方向に押すだけではなく、鍵盤を左右横に軽く揺らすことで、音色の変化が楽しめるのも、エレクトーンならではの魅力ですよね。

このように、エレクトーンにはピアノや電子ピアノでは、味わえないような魅力がたくさんあります。そして、エレクトーンで音楽を表現するのに、リズムや音色の選び方も重要ポイントですが、音色を選んだら、どのようなタッチで演奏するのか、表現力が問われます。

ヤマハ エレクトーングレード6級までは、音色のタッチトーンの表現について、それほど重視されることはありませんが、5級以上のグレード試験では、音楽のジャンルや曲の雰囲気に合った音色を選び、タッチトーンを上手に使いこなして、音楽の表現力が問われるようになります。

タッチトーンについて重視されるのは、右手のメロディーの演奏だけではなく、左手の伴奏やベースについても同様に重視されます。実際に、私がヤマハ エレクトーン5級のグレード試験を受験した時も、メロディーについてはタッチをうまく使いこなして、表現できていたのですが、ベースのタッチや音の長さにまで気を配ることができませんでした。

私だけではなくて、グレード試験5級以上を受験する多くの人が、ベースのタッチや長さ、休符の取り方、音楽のジャンルにリズムの雰囲気に合ったベースの表現ができてないようです。もしかしたら、たかがベースなのにと思うかもしれませんが、エレクトーングレード5級の試験の時に、試験管から「ベースの長さ、もっと注意して。スイングのリズムなのに、ベースが短すぎる。」と言われました。即興演奏で、2ビート、4ビートのリズムが指定されていたので、スゥイングのリズムを選び、あとはオルタネーティングベースの動きに注意しようと思って、演奏してはいたのですが、講評ではこのような指摘を受けてしまいました。

5級は2回目のチャレンジで合格を手に入れることができましたが、ここからが本当のスタート地点だと思い、4級の試験を受ける時には、5級の受験での講評について肝に銘じて、メロディーのタッチも重要だけど、それ以上にベースの弾き方について気を配るように努力しました。

エレクトーンの楽譜は三段の構成になっていて、上から右手、左手、そしていちばん下にベースの楽譜が書かれています。でも、楽譜には音の強弱やテンポ、どの場面で何番の音色に変えるといった内容しか、書かれていません。

ベースの楽譜は、音符と休符しか書かれていないので、スゥイングのリズムの曲ではどんな風にベースを弾けば良いのか、クラシックの曲ではベースをどう表現すれば良いか、そんなことはなにひとつ書かれていません。楽譜に書かれていないけれど、その音楽のジャンルやその曲の雰囲気に合うベースの表現力って大切なんですよね。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です