エレクトーン4級に合格するには自分の演奏を録音して聞くこと


現在、エレクトーンやピアノを指導している音楽講師は全国各地にたくさんいますが、「エレクトーングレード5級には楽々1発合格できたのに、4級を受験してもいつも合格点に2,3点足りなくて落ちてしまう。」と悩んでいる人も少なくないようです。

私の知り合いの講師さんも、「音大に通っている時にグレード5級に合格して、いまは4級にチャレンジしたいと思っているけど、自由曲や課題曲のレパートリーをそろえるのも大変だし、毎日のレッスンや発表会などが忙しいし、受験のことを感がる余裕がなくて。」と悩んでいる人もいれば、「何度か4級にチャレンジしたけど、5級を受けた時とは違い、試験管の先生から音楽のセンスがない、もっといろんなジャンルの音楽を聴いて、リズムのノリを勉強するようにと言われてしまい、どうしたら良いものか。この次また4級を受けるのも、なんだかねえ。」と、とまどっている人も少なくないようです。

エレクトーングレード5級を受験する場合は、ひとひとつの音色のタッチを丁寧に押さえること、たとえばピアノならピアノらしい弾き方、トランペットのような金管楽器ならそれらしい弾き方をして、即興演奏ではベースの動きがきちんとできていれば、合格ラインに達していました。

しかし、4級になるといろんな音楽のジャンルの特徴をつかみ、リズムのノリをしっかりと身に着けておかなければならないので、本物らしさ求められるところですよね。
5級はすぐに合格したのに、4級は何度受けてもいつも合格点にわずかに届かなくて不合格に終わる人は、やはりそれなりになにか原因があります。

自由曲がきちんと弾けてはいても、その曲が持つ音楽性や魅力、本物らしさといったものが聞き手である試験管には、十分に伝わっていなかったのかもしれません。とはいっても、ふだん練習をしている時やエレクトーン教室に通ってレッスンを受けている時は、自分の演奏を聴く人が自分、またはレッスンを担当している先生だけですから、自分の演奏について評価するのは難しい部分もあります。

そこで、エレクトーングレード4級の自由曲や課題曲、即興演奏や初見演奏など、自分の演奏を録音して、聴いてみることをおすすめします。フロッピーの装置が内蔵されたタイプのエレクトーンを持っていれば、フロッピーに演奏を録音すると良いですね。最新型のエレクトーンを持っている人は、フラッシュメモリーに録音することもできるし、容量が多いので、長い曲でもどんどん録音して、自分が聞き手の立場になると良いじょう。

自分の演奏を録音して、あらためて聴いてみると、客観的に聴くことができるので、「この部分はもう少し、この楽器の特徴を活かしたタッチトーンでないと。」「ピアノのアドリブは、もっとジャズっぽい雰囲気に。」と自分の演奏の欠点がすぐにわかり、もっとこんな風にしたいと思えるようになります。

自分の演奏力をもっと磨いてエレクトーングレード4級に合格したいと思ったら、豊かなる音楽性を身につけること、そして感性を磨くことも大切ですよね。グレード試験管は、「演奏が聞き手に伝わらない、なにか訴えかけるものがない。」と評価することもありますが、これを乗り越えるのはやはり自分自身の努力、そして音楽性を磨いてセンスの良い演奏を心がけるほかにありません。

5級では、即興Bのモチーフ即興で、コード進行のパターンを覚えていれば曲としてのつながりがあるので、それなりに評価してもらえましたが、4級だともっとコード進行を発展させていかないと、ワンパターンで曲が終わってしまうのでは、物足りない印象を受けてしまい、やはりここでも音楽性とセンスの良さが求められます。いろんな音楽を聴いていろんなジャンルの曲を演奏して、自分の中に音楽をどんどん取り込んでいくこと、地道な努力ですが、4級、そしてそのあとに続く3級への合格を目指して頑張ってほしいですね。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です