エレクトーングレード4級合格を目指すにはラテン音楽を聴こう


ヤマハエレクトーングレード5級に合格したら、いよいよ本格的に4級合格を目指して、さらにスキルアップを重ねてきたいものです。趣味でエレクトーンを習っている程度なら、5級に合格できたのだからそれでもう十分と思っていたかもしれませんが、音楽教室でエレクトーンを生徒に指導しているとなると、話は別です。

6級や5級レベルの曲を軽々と弾きこなす生徒もたくさんいるし、生徒が頑張って5級に合格して、少しでもレベルアップしてほしいと思う反面、私自身もスキルアップして、今後ともより良い指導ができるようになりたいと思うようになりました。

エレクトーングレード5級までは、即興A・即興Bともにいろんなパターンをこなせるように、繰り返して練習すればなんとか合格を目指せると思いますが、4級以上になるとそれ以上に、その人が持っている音楽性やセンスといったものが問われます。

とはいっても、私自身の音楽性やセンスといったものに、いまひとつ自信が持てず、どうしたら良いものかと模索していました。5級レベルの音楽性のままで止まっているようでは、当然のことですが4級合格はまず無理でしょう。それくらいエレクトーングレード4級以上になると、ハードルが高いことを実感しました。

そして、エレクトーングレード4級にチャレンジするからには、受験会場に行くまでの交通費と時間、そして受験料のこともあるので、なんとか1発合格したいと思いました。余談ですが、私の同期のエレクトーン講師で、とても情熱的な人がいて、5級を受けるのに最初から2回分の受験料を払い、それぞれ違う場所で受験したそうです。その結果、両方とも合格したそうで、合格証書も2枚持っているそうですが、そこまでしなくても、1回受けて結果を待ってからでも遅くないのではと思いました。しかし、よく考えてみるとすごいバイタリティにあふれていて、素晴らしいことだと思います。

話がそれてしまいましたが、とにもかくにもエレクトーングレード4級に合格するために、これまでにはあまりやってこなかったことをぜひとも実践してみよう!と思いました。グレード5級を受験した頃、私はOLとして朝から夕方まで仕事をしていて、週に1回ヤマハの楽器店に教室に通い、エレクトーンを習っていましたが、毎日仕事とエレクトーンの練習に忙しくて、自宅で音楽をゆっくり聴く時間が持てませんでした。

音楽性を豊かにするためには、演奏することも大切だけど、それ以上にいろんなジャンルの音楽を聴くことが大事だと気付いたので、時間があれば音楽を聴くように心がけました。とくに、4級になると、即興Aではスウィングやラテン、ワルツといったジャンルの課題が出されるので、単純に伴奏をつけてオルタネーティングベースができる程度では、まだまだグレード5級の域を超えていません。

一言でラテンとはいっても、ちょっと古典的なリズムにはルンバやサンバ、チャチャチャなどもありますが、それぞれのリズムの特徴をよくつかんで、リズムに合った伴奏をつけてリズム特有の「ノリ」を感じることが大切ですよね。私が4級、3級を受験した頃は、このような古典的なラテンのリズムの即興課題が出されていましたが、今はどうでしょうか。

90年代にはサルサというジャンルのラテン音楽が大流行したこともあり、サルサ特有のトゥンバオやクラーベ、ルンバクラーベといったリズムが使われた音楽なども、もしかしたら即興課題に出されることもあるかもしれませんね。

ラテンだけでも多彩なジャンルがあり、4級の曲集にもラテンの名曲がズラリと並んでいるので、演奏してみるとこれが意外と面白くて、まずはラテン音楽のCDをレンタルして聴いてみることにしました。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です