エレクトーングレード4級合格の秘訣は音楽のセンスを磨くこと


結論から言えば、エレクトーングレード5級の合格を目指すなら、即興AとBではある程度、コード進行のパターンやベースの動きも覚えておけばなんとかなる!!と思います。しかし、4級になると、マニュアル的に覚えるだけの演奏では意味がなく、音楽的なセンスが問われるようになります。

つまり、音楽のセンスを磨くことが必要で、いろんなジャンルの音楽をどんどん聞いて自分のものにする! ちょっとしたハプニングがあっても即興で臨機応変に対応できるぐらいの音楽的なセンスが求められるんですよね。

そう言えば、一昔前のエレクトーンプレーヤーの演奏を聴くと、今のエレクトーンとは違い、音色やリズムの数も少なく、音源もまったく違うので音質の良さや機能面では最新のエレクトーンにはかなわないですが、その分、音楽のリズムや表現力という部分では最高でしたね。ジャズの曲では、アドリブを入れたり、生演奏はとても素晴らしいものでした。

エレクトーンの先生に習い始めてから4級にチャレンジするまでには、2年近くかかったと思いますが、今すぐにでも4級にチャレンジするのではなく、まずは音楽的なセンスをしっかりと磨いておきたいと思いました。

ブライダルプレーヤーの仕事をする時は、できるだけ新しくレパートリーをどんどん増やすようにして、演奏する曲をどんどん変えたり、途中で間があかないように、即興的に演奏したり、臨機応変に対応できるようにしました。

そのような努力が実ったのか、5級を受験する時よりも4級のほうがとても楽でした。5級を受ける時は、エレクトーン講師になるための最低限のレベルが5級ということで、ちょっと義務感がありましたが、4級の受験については、これをしなければならない、4級に合格するためにはこんな風に演奏しなければならないといった気持ちをすべて捨てることにしました。

そのほうが音楽を心から楽しむことができるし、良い演奏ができるというものです。ヤマハ講師の仕事も含めて、エレクトーンの指導のみの仕事をしていたら、あまりこのようには考えられなかったかもしれませんが、結婚式場のエレクトーン演奏の仕事をしていたことが幸いなのかもしれませんね。

ふだんはあまり人前で演奏する機会がなく、エレクトーンの発表会で講師演奏をする程度でしたが、やはり人に聞かせる演奏と結婚式などのお祝いの場での演奏はまったく違います。ブライダルの仕事では、ハッピーな雰囲気の曲を演奏するのですが、ジャズの名曲やラテンの名曲、ボサノバなどもたまには取り入れたりして、どんどんレパートリーを増やしていきました。

結婚式ではエレクトーン用の3段の楽譜を見て演奏するのではなく、曲のメロディや前奏、コード進行のみが書かれている1段譜の楽譜を見て演奏しました。これって、グレード試験の即興Aと同じような感覚で弾けるんです。1コーラス目はメロディを忠実に演奏して、2コーラス目は即興でアドリブを入れるといった感じですね。

5級を受験する頃は苦手だった即興も、ブライダルの演奏を多数経験していくうちに、私も鍛えられたようです。4級の即興は5級とは違い、少し高度で、しかもコードネームがついていません。でも、だんだん慣れてきて、5級を受験する時のように、即興について苦手意識が少なくなってきたように思いました。

何事も「好きこそものの上手なれ」と言われるように、苦手だからしないのではなく、名が手を好きに変えていくには、まずは少しでもいいからやってみること。4級は、コード進行の覚えは通じないので、自分で好きなコード進行を見つけたり、なにか自分でできることから始めることにしました。どんどん楽しみを見つけていくと、演奏するのも楽しくなるものです。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です