ピアノからエレクトーンに移行した人がグレード3級の合格を目指す練習法とは

現在、エレクトーンに親しんでいる方の中には、幼少期からピアノを習い初めてピアノのグレード試験にチャレンジしてすでにピアノ演奏グレードの5級以上を取得した人もいるようです。現在、音楽教室でピアノの指導に携わっていて、趣味としてエレクトーンを勉強している人も多く、エレクトーン演奏グレード5級以上のレベルまでスキルアップしたいと熱心に取り組む人もたくさんいます。

中には「これまでピアノ講師を目指して頑張ってきたけど、速い指の動きがどうも苦手で、テクニック的なものがもう追いついていけない。それよりも、音色とリズムが豊富なエレクトーンのほうが、もっと純粋に音楽を楽しめるような気がして。」と、ピアノからエレクトーンに移行する人もいるようです。

実は私もそのひとりで、子どもの頃からずっとピアノを習い続けてきて、小学校時代は途中3回も転校したけれど、すぐに友達にピアノの先生を紹介してもらい、熱心に練習に励んできましたが、ピアノの先生がとても厳しくて、周りの生徒さんは演奏レベルが高くて、1日の練習時間を増やしても、レッスンについていくのがやっとでした。

私がピアノを習っていた頃はクラシック中心で、今のように映画音楽やドラマの主題曲、歌謡曲といったジャンルの楽譜が少なくて、ピアノは趣味で演奏するものではない!といったムードだったのです。それなら、自分が好きなジャンルの音楽を自由に演奏できるエレクトーンのほうが、やりがいがありそう!だと思いました。

もともとピアノ一筋だった私がOL時代からエレクトーンを習い初めたばかり頃は、フットスイッチなどのエレクトーン特有の機能をうまく使いこなせずにちょっと苦労しましたが、やはり自由なスタイルで演奏できることに魅力を感じましたね。

さて、話を本題に戻しますが、ピアノ一筋だった人がエレクトーンに移行して、ヤマハエレクトーン演奏グレード3級の合格を目指すのに、どんな練習をすれば良いのか、エレクトーンの演奏に慣れるにはどうすれば良いのか、ここでお伝えしたいと思います。

ビアのからエレクトーンに移行した人は、同じ鍵盤楽器でも鍵盤自体の重さがまったく違い、ピアノの鍵盤を叩くような感じで、ついエレクトーンの鍵盤を瞬間的なタッチで強くたたく人もいます。
6級までは、そのようなタッチでも通用するとは思いますが、5級以上の指導者グレードになると音色に合わせたタッチトーンを習得する必要が出てきます。

「ドレミ」というフレーズをトランペットの音色で演奏するのと、フルートの音色で演奏するのとは、弾き方がまったく違います。もっと厳密に言えば、ひとつひとつの音、鍵盤を押える時の圧力のかけ方、タッチトーンの抜き方が違うということです。

これから5級を受ける人はこのことを強く意識してほしいし、4級を受験する人は、とくに複雑なコードネームをたくさん覚えて、しゃれた感じのコード進行で即興演奏ができるレベルに持ち上げておきたいですね。

結論から言えば、ピアノからエレクトーンに移行した人が、3級グレードに合格できる可能性は十分にあるし、実際に私の知り合いの現役講師の方も、ピアノ・エレクトーン3級、さらに指導グレード3級まで、なんとトリプル3級を取得した人もいます。

クラシック系のピアノ曲を中心に演奏してきた人は、エレクトーンのコードネームがわからなくてずいぶん苦労する人もいますが、ギターが弾ける人はコードネームが得意です。「4級までは順調に合格したけれど、3級は即興演奏の点数が悪くて。」とお悩みの方は、ジャズの演奏法について本格的に学んではいかがでしょうか。

ジャズの演奏を聴いていると、有名な曲を聴いていても、元のメロディーがわからないほど、メロディーフェイクしていますね。そもそもフェイクとは、英語でにせもの、模造といった意味がありますが、エレクトーンでは元のメロディーを即興的に変えるという意味です。
クラシック一筋でピアノを学んできた人は、即興演奏に慣れ親しんでいないため、とくに4級から3級の即興演奏が大きなネックとなってしまうようです。しかし、ジャズピアノが好きな人なら、3級の即興も難なくクリアできるはずです。ピアノ一筋の人もエレクトーン一筋の人も、結局は自分が学んできた音楽から演奏力や表現力を高めることができるので、多彩なジャンルの音楽を聴いて演奏していけば、自然に身についていくものなのです。

ですから、ピアノからエレクトーンに移行してエレクトーン3級合格を目指す上で、なにも引け目を感じる必要もなく、豊かな音楽性が備わっていればステップアップは十分にできるので自信を持ってチャレンジして下さいね。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

自作曲は難しくない!3級と4級の違いに躊躇する人へのメッセージ

ヤマハエレクトーン演奏グレードは、学習者向けの10級から6級、そしてエレクトーン講師やデモンストレーターなどの指導者や演奏者を目指すグレードとして5級から3級までがありますが、その中でももっとも最高レベルとして位置づけられているのが3級です。

6級は学習者グレードの中ではもっとハイレベルですが、それでも指導者グレードの中ではもっとも難易度の低い5級と比較しても、かなり大きなレベルの差があるわけですから、「4級や3級なんて合格するのは夢のまた夢の話。」そのような価値観を持つ人も少なくないようですね。

現在5級まで取得した現役のエレクトーン講師の方には「若い今のうちなら、何でも素早く吸収するので、ぜひ4級や3級にも積極的にチャレンジしてみて下さいね。」とアドバイスをすることもあるのですが、「3級どころか4級なんて、私にはとんでもないことです。」と控えめに話す方もいるようです。

その言葉を聞いて、ふと私は過去の自分を振り返り、「そういえば私も、あの頃、楽器店の先輩講師からそのように言われて、同じように答えたことがあったなあ。」と思い出しました。私がヤマハエレクトーン演奏グレードに合格したのは、今から20年以上も前ですが、その後はグレード試験の要項が何度か改正され、従来にはなかった追試制度も導入されるようになりました。

しかし、どんなに試験の要項が改正され、エレクトーンの機種や音楽の流行などが変わることがあっても、音楽の本質はそう簡単に変わるものではなく、グレード試験で要求される演奏レベルについても、そう大きく変わることはまずないでしょう。

ですから、「エレクトーン演奏グレード5級まで取得したし、現在音楽教室の講師として稼働しているのだから、とても4級や3級まで合格する自信がなくて、もういいかな。」とあきらめないで、若い今のうちしかできないこともあるので、ぜひぜひ積極的にチャレンジしてほしいと思います。

中には、3級に合格できるくらいのレベルに達しているにも関わらず、「4級まで合格できたから3級なんて、とてもとても。」と謙遜する人もいますが、なんだかもったいない話です。たしかに6級と5級ではかなりのレベルの差がありますが、5級と4級、そして4級と3級を比べてみると、大きな差があるように見えて、実はほんのちょっとしたレベルの差なのです。

5級と4級を比較すると、楽曲演奏ではリズムの特徴をよく捉え、ある程度の表現力が求められます。即興演奏については、5級よりも音楽のジャンルが増えてくるので、リズムに会わせた表現やコード進行の工夫が求められます。

それではエレクトーン演奏グレード4級と3級を比較すると、どんなところに違いがあるのでしょうか。早い話、4級では得意な音楽のジャンルができるだけ多ければ理想的ですが、3級ではオールマイティーに対応ができ、どんなジャンルの音楽でももってこい!というくらいのレベルが求められると思います。

そんなこととてもできない!と思うかもしれませんが、これまで5級、4己酉とクリアしてきた人は、とくに自分では意識していなくても豊かな音楽性がもうすっかり身についているのです。自分では気づかないかもしれませんが、地道に努力してエレクトーンを通して音楽を学んできたことが、自分の血となり肉となっているのですから、これから3級を受験することについてとくに構える必要もないし、不安を感じる必要もないのです。

ただし、3級を受験するには自作曲を1曲揃える必要がありますから、ある程度は自分の得意なジャンルを1つ2つは持っておいて、そこから曲作りを始めたほうが良いかもしれませんね。

スイング系のリズムに乗るのが苦手なのに、わざわざスイング系の楽曲に仕上げる必要はなく、ボサノバ特有のノリが上手な人は、ボサノバ系の楽曲を作れば良いわけです。エレクトーン演奏グレード3級では、理想はもちろんオールマイティーですが、器用貧乏にならないためにも、「このジャンルの音楽なら絶対に自信が持てる!」といったものを自分なりに持っていれば、楽曲演奏の曲選びや作曲に活かしていけばいいということです。

「5級と4級までは自作曲の演奏はなかったのに、3級では自作曲を演奏するなんて。私はこれまでに1度も作曲などしたことがありません。」と抵抗を感じる人もいます。しかし、5級・4級の受験で、すでに即興Bのモチーフ即興を通して、何度も練習して作曲を経験してきたではありませんか。3級だからと躊躇する必要はなく、これまでモチーフ即興で学んできたことを活かしていけば、作曲は誰にでもできるのです。

ですから、3級の合格は思っているほど難しくはない、あとは今の自分に足りないものをこれから補っていけば合格の足音は近づいてくるのです。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。