エレクトーン3級と4級・5級の求められるレベルと要素の違いとは

これからヤマハエレクトーン演奏グレード3級の受験にチャレンジする人もいれば、すでにこれまでに何度か受験したものの、なかなか合格点に追いつかず、心がポキッと折れてしまった人もいるようですね。

学習者グレードの10級から6級までは順調にとんとん拍子で合格できたのに、5級から3級の指導者向けのエレクトーン演奏グレードとなると、なかなかそうもいきません。当然と言えば当然のことですが、級が上がるたびにどんどんレベルアップしていくのですから、グレードが上がるごとに難しくなっていくものです。

エレクトーン講師を目指す人の中には、6級と5級のレベルの差があまりにも大きすぎて、何度チャレンジしても合格点に糖仏することができず、5級を受験するのをあきらめてしまった方も少なくないようです。
実際に、以前私のところに体験レッスンに子どもを連れてきたお母さんが、「うちには古いエレクトーンがあるんですけど、高校生の頃までずっとエレクトーンを習っていて、何度か遠くの試験会場に行って受けたこともあるのだけど、いつも不合格だったから、もうあきらめました。」と話してくれた方がいました。

私も最初から5級にすんなり一発で合格するほど優秀ではなく、試験官の講評があまりにも厳しかったので、愕然として肩を落として試験会場を後にしたことを今でもしっかりと記憶しています。その時にすごく悔しいという思いと、絶対に合格したい、何度でもチャレンジしよう!!と心に決めました。

その甲斐あってか2度目のチャレンジで5級に合格することができ、その後は良き師に恵まれて4級と3級は、それぞれ1度の受験で合格切符を手に入れることができました。同期のあるエレクトーン講師からは「なんでそんなに順調にグレード3級まで1発で合格できたの?」と聞かれたこともありましたが、実際のところ私もここまで順調にこれたことに不思議に思うこともよくあります。

ヤマハエレクトーン演奏グレード5級から3級までは指導者グレードですから、試験会場も全国の主要都市数カ所に限られており、学習者グレードのようにグレード受験の回数も多くはありません。しかも、試験会場に行くまでにバスや電車を乗り継いでいかなければならず、1回の受験につき往復の交通費と時間がかかってしまうわけです。

グレード試験の合否に関係なく、試験を受けに行くこと自体が大変なことですから、私の場合はとにかく受験料と交通費を無駄にしたくないという思いが強かったですね。
グレード5級・4級・3級と順番に受験してきましたが、その中でもっとも苦労したのは、やはり5級でした。

やはり6級と5級のレベルの差が大きすぎたことが、空の原因だったようです。しかし、ここであきらめなかったことが実を結び、次のステップに進むことができたのだと思います。以前、同期のエレクトーン講師から「4級と3級って、どれくらいレベルに差がありますか?」と聞かれたことがあり、その先生は私よりも先に4級に合格していました。

5級で求められるレベルと4級、3級の違いについて考えてみると、5級は8ビートや4ビート、2ビートなど、いろんなリズムにふさわしい演奏ができる程度のレベルが求められるようです。ただし、エレクトーン演奏グレード5級では、とくにオールマイティーに何でも演奏ができるというレベルに達していなくても、そこまで完璧なものを求められているわけではありません。一通り、エレクトーンの音楽の基礎ができていればそれで十分合格できると思います。

4級になると、5級レベルに加えてある程度の音楽のセンスといったものが求められます。即興演奏ではしゃれた感じのコード進行が使える、コードにあった伴奏が漬けられるだけではなく、メロディーフェイクなどの奔走にセンスがある、イントロやエンディングにインパクトがあるなど、音楽的なセンスを磨く必要が出てくると思います。

それでは指導者グレードでは最高レベルに位置づけられたエレクトーン演奏グレード3級では、どうでしょうか。はやりオールマイティーでどんなジャンルの音楽でも余裕を持って弾きこなせるくらいのレベルが求められます。3級では、ラテンやボサノバ、2ビートや4ビートに加えて、タンゴなど、幅広いジャンルの音楽の中から即興課題が出されるので、ふだんからワールドミュージックを聴いていろんなジャンルの音楽に親しむ習慣をつけておくと良いですね。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

ピアノ講師がエレクトーン3級受験にチャレンジする時の心得とは

現在、ヤマハエレクトーン演奏グレード3級受験にチャレンジしている人の中には、子どもの頃からずっとエレクトーン一筋でやってきた人もいれば、もともとピアノから習い初めて音大を卒業してピアノ講師になってからエレクトーンを習い始めた人もいるようですね。

どのような形であれ、子どもから大人、そして高齢死者まで多くの方々がエレクトーンに親しみ、グレード試験にチャレンズするのはとても素晴らしいことだと思います。今日は、ピアノ講師がエレクトーン演奏グレード3級の受験にチャレンジする時の心得、そして効果的な練習法などについてお伝えできたらと思います。

私自身も「ピアノとエレクトーン、どちらが難しいですか?」「これまでずっとピアノ系でやってきたのですが、エレクトーン演奏グレード5級以上の指導者グレードを受験するのに、どんなことに気をつければ良いですか?」と、よくこのような質問を受されることがあります。

ピアノもエレクトーンも鍵盤楽器であることでは共通していますが、ピアノは瞬間的に鍵盤を叩くことによってハンマーによって強い音が出ますが、優しく叩くと弱い音が出ます。エレクトーンは電子楽器であり、ピアノのようなイニシャルタッチの表現もできますが、ピアノの音色や音量とはまた違った感じになります。

エレクトーンで同じ「ド」の音を弾くのにも、トランペットの音色とピアノ、ストリングス系の音とでは音の響きやボリュームも違い、瞬間的なイニシャルタッチだけではなく、鍵盤を押した後にさらに強く押すといったエレクトーン独自の奏法があります。

グレード試験では、これまでピアノ講師一筋でやってきた人が、エレクトーンの試験を受けると、たった1、2強程度演奏しただけで、ピアノ系の人だとわかるようです。それは、とくに右手のメロディーの音色の弾き方、タッチトーンの使い方などを見ていると、鍵盤を押した瞬間のタッチだけで演奏することが多いからです。

逆にエレクトーン系の先生がピアノのグレード試験を受験した場合、イニシャルタッチの音量が小さく聞こえてしまい、打鍵力が足りないように見えることから、この人はエレクトーン系の人だとわかるようです。

しかし、ピアノ系の先生がエレクトーン演奏グレード5級以上の試験にチャレンジして合格した事例もたくさんありますので、「私はピアノ一筋でやってきたら、エレクトーン演奏グレード3級に合格するのは無理。」だと引け目を感じる必要などまったくありません。

そもそもエレクトーンは、いろんな音楽のジャンルが楽しめるように数多くの酒類のリズムと音色があります。さらには、音色やリズムにかかる効果などもいろんな種類があります。これまでクラシック系のピアノ一筋でやってきた人は、まずはエレクトーンのいろんなリズムに親しみ、リズムに乗って演奏することの楽しさを感じ取ってほしいと思います。

クラシック一筋でやってきたピアノの先生は、エレクトーンでリズミカルな演奏をしても、どこかノリがいまひとつで平面な感じになってしまい、立体感のある演奏ができていないように思えます。「リズムに乗る」とは、エレクトーンのリズムに合わせて演奏をするという意味ではなく、そのリズム特有の「ノリ」の部分を思い切り体で感じて表現するという意味です。

さきほどお伝えしたメロディーの音色のタッチトーンの使い方がある程度できるようになっても、リズムのノリを感じて表現するのが、これまでクラシック一筋で学んできたピアノの先生には難しく、これをクリアするのが今後の課題になっていくのではないでしょうか。

しかし、ピアノ項とにもそれぞれ得意不得意があり、暮らしツクよりもジャズピアノが得意な講師なら、エレクトーンでジャズ系の曲を演奏してもアドリブの演奏にセンスがあり、伴奏のバッキングも上手に出来てジャズならではの独特のノリができるはずです。

これまでにあまり聴いたことのないジャンルの音楽を石器良く的に聴いて、リズムのノリを感じてほしいですね。エレクトーンプレーヤーの演奏を聴く機会があれば、ライブに足を運んでみるのも良いし、いろんな音楽を自分のものにしてしっかりと吸収することが肝心ですね。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。