エレクトーンのご質問を頂きました。

はじめまして! 先日は、こちらのブログへのご訪問ありがとうございました。また、私が書いた記事をじっくりと読んでいただいて、とてもうれしく思っております。
近年は、30代、40代の主婦の方が子育て・家事・仕事の合間にエレクトーンを趣味として楽しんでいらっしゃる方も多くて、こんなにもエレクトーンに親しんでいる人がいるなんて、大感激です!

今から19年ほど前に、ヤマハエレクトーン演奏グレード5級の試験に合格されたそうで、これまでの道のりはとても長かったことと思いますが、すごくチャレンジ精神・向上心が旺盛な方だとお見受けいたしました。

ちなみに、私がヤマハエレクトーン演奏グレード5級に合格したのは25才頃のことで、私は15才までピアノを習っていましたが受験を理由にやめて、それからしばらくは音楽から遠ざかっていた時期がありました。エレクトーンを始めたのは21才頃からなので、10代後半ですでに5級に合格するなんて、とてもすごいですね。

現在は、エレクトーンを趣味としてご自宅で音楽を楽しんでおられるようで、エレクトーンはELS 01をお持ちなのですね。今から19年ほど前にグレード5級を受けた頃は、おそらくEL-90、EL-900の時代だったと思うので、それよりもさらにエレクトーンの音色やリズムが増えて、機能がよりアップしているので、お母様はもちろんお子様にとっても、音楽的な楽しみがより広がることと思います。

エレクトーンでお仕事をしたいと考えていらっしゃるようですが、エレクトーンの仕事には大きく2つのジャンルに分けることができます。
ひとつは、エレクトーンを教える仕事、つまり指導する仕事ですね。エレクトーンを教えるには、ヤマハ音楽教室のシステム講師、jet講師、とくに特定の楽器店などには所属せずにご自宅でエレクトーン教室を開業する方法などがあります。

ヤマハ音楽教室のシステム講師を目指す場合は、ヤマハエレクトーン演奏グレード5級以上の演奏力があることが前提となっていますが、そのレベルは十分クリアしているので、あとは指導グレード5級の取得が求められるかと思いますが、もし、システム講師についてご興味がありましたら、最寄りのヤマハ音楽教室にてお問い合わせしてはいかがでしょうか。ヤマハのシステム講師の試験を受けるための資格・要件や年齢条件などがあるかと思います。

家事と子育ての料率を目指して、エレクトーンの仕事に携わりたいとお考えでしたら、ご自宅でエレクトーン教室を開業するのも良いかもしれませんね。ヤマハ音楽教室のシステム講師とは別に、自宅でエレクトーン教室を開く人のための組織としてヤマハのjetという組織があるのをご存知でしょうか。Jetについてご興味があれば、ウエブサイトもありますのでぜひぜひ参照してみて下さい。

こちらはシステム講師のように、とくに資格や年齢条件が定められているわけではなく、エレクトーン5級レベルに達している人であれば、大歓迎です。最寄りの楽器店でjet講師を募集しているところもありますので、まずはウエブサイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

有料の会員制になっていて、レッスンにお役立ちツールやチラシなどももらえるので、自宅でヤマハのエレクトーン教室を開きたいというお考えでしたら、得るものはとても大きいと思います。Jetでは、毎月定例会が実施されており、エレクトーンに関する研修を受けることができます。個人でエレクトーン教室を開業している先生方との交流もとても楽しく、さらなるスキルアップを目指す方におすすめです。

さて、エレクトーンを教える仕事以外には、エレクトーンを演奏する仕事があるのですが、結婚式場や葬儀場で演奏するセレモニープレーヤーという仕事があります。こちらは、セレモニープレーヤーを養成する音楽事務所などがあると思うので、インターネットや電話帳などで情報収集してみてはいかがでしょうか。

今はまだ子育てに奮闘する日々を過ごしていらっしゃると思いますが、できましたら少しずつでもヤマハエレクトーン演奏グレード4級の受験にチャレンジするのも良いかもしれませんね。もし、現時点で指導グレード5級をお持ちでなければ、こちらも受験してはいかがでしょうか。これらのグレードを目指すことによって、演奏力・指導力の面でもきっと役に立てる日が来ることと思います。

少しずつでも時間にゆとりが出てきたら、エレクトーンのレッスンを再開すると良いですね。お持ちのエレクトーンELS 01には、数多くの音色やリズム、そして素晴らしい機能がたくさんありますので、もっともっとこれからも音楽の可能性をどんどん広げて、クラシックからポピュラー、j-pop、ジャズやラテンなど、多くのジャンルの曲を演奏できるように頑張って下さい。