エレクトーン演奏グレード3級の即興を楽しく学ぶには

これまでエレクトーン演奏グレード5級・4級までは1発でクリアしたのに、3級の試験は新たに自作曲も加わり、即興の試験もさらに難易度が高くなるので、なんだか敷居が高いと感じている人も少なくないようです。

すでにエレクトーン演奏グレード4級に合格して、ここまでは順調に来れたのに3級の試験を受けるかどうか、迷う人もいるようですね。4級を持っているからエレクトーン講師としては十分にやっていけるし、毎日のレッスンや発表会など行事もあるし、試験のために時間がとれないので、3級は受けなくても良いと考えている人もいれば、せっかくここまで来たのだからもうチャレンジするしかない!とポジティブ志向の人もいるわけです。

エレクトーン演奏グレードでは、とくに即興演奏の難易度が高くなりますが、難しいことにチャレンジするというよりは、自分が持っている音楽の力をさらに伸ばすために、さらにいろんな音楽を聴いたり演奏して、もっともっといろんなものを吸収してほしいと思います。

即興Aでは、2ビートや4ビート、ワルツやジャズワルツ、ラテン、ボサノバなどいろんなジャンルがありますが、試験当日に渡される譜面には、メロディーだけしか書かれていないので、コードネームやリズムなどは、その場で見て「このメロディーならこんなリズムが合う」と自分で速やかに判断して、そのメロディーの持つ雰囲気に合うリズムや伴奏をつけます。

これだけでも大変な作業ですが、さらに2コーラス目には変奏をするので、ここで自分の音楽の演奏力や表現力といったものが、より強く要求されます。即興の課題では、コードネームがついていないので、まずはメロディーに合うコードネームをつけられるように、しっかりと訓練しておかなければならないですね。

メロネームディーに合わないコード進行だと、とても不自然に聞こえてしまい、音楽として成り立たなくなってしまいます。また、メロディーの雰囲気に合わないようなリズムを選んでしまうと、メロディーの良さが活かされなくなり、これもまた不自然に聞こえてしまいます。3級の即興課題では、自然な感じに聴かせることも必要なので、即興問題集を1冊揃えておいて、何度も演奏するように心がけておくと良いですね。

メロディーを見て、曲のイメージをつかみ、伴奏をつけて演奏する練習を何度も繰り返して行うことです。それが自然に出来るようになったら、伴奏をつける時に、ただベタ弾きでコードを押さえるだけではなく、リズムや曲の雰囲気に合わせてバッキングをつける練習に入りましょう。

たとえば、ボサノバのリズムで演奏するなら、その曲の雰囲気に合わせてバッキングをつけてみましょう。バッキングについては、とくにギターの演奏を聴くとよくわかると思いますが、リズム感を出すこと、そしてバッキングのひとつひとつのリズムについて強弱を出すことによって、独特のリズム感が生まれるようになります。ここまでできるようになったら、リズムの雰囲気に合う音楽が思うように表現できると思います。

エレクトーン演奏グレード3級の即興課題では、3拍子のメロディーがよく出題されることがあるのですが、楽譜をパッと見て、クラシック風のワルツで演奏するか、それともジャズワルツで演奏するか、2つの選択肢に迷うこともあると思います。

メロディーを見てコード進行がそれほど複雑ではない場合は、クラシック風のワルツにして演奏すると良いかなと思います。反対に、コード進行が複雑で、適度に動きがあるようなメロディーなら、ジャズワルツにして演奏すると良いかもしれませんね。

クラシック風のワルツにして演奏する場合は、わざわざワルツのリズムを選んで、リズムに合わせて演奏する必要はなく、ワルツの雰囲気を出すためにはあえてリズムを入れないほうが自然です。ジャズワルツで演奏する場合は、そのリズムを選んで演奏すると良いと思いますが、バッキングが得意でしっかりとしたリズム感を保てる自信があれば、あえてリズムを入れなくても良いと思います。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

エレクトーングレード3級の即興が苦手な人がクリアするための秘訣は

エレクトーンを学んでいる人の多くが、「グレード試験で自由曲は、自分が好きなジャンルの曲を選んで試験の時に演奏すればいいから楽なんだけど、即興がどうも苦手で。」と悩みを抱えている人が多いようですね。とくに、エレクトーングレードの級に関係なく、6級の演奏グレード試験を受ける人も、5級から3級のグレード試験を受ける人も、自由曲は得意なのに即興が苦手だという悩みを抱える人が多く見られます。

私自身の体験から言わせてもらうと、即興はエレクトーン演奏グレード7級試験を受ける前から、すでに苦手意識がありました。人間誰でもそうなのかもしれませんが、苦手なものをしようと思っても、苦手だからやっても楽しくないし、楽しくないからやらない、それでますます苦手になるといった負の連鎖になってしまうんですよね。

それでもなんとか学習者グレードは8級から受験して7級、6級と順調に合格して、少しずつ演奏力表現力もそれなりに身についてきました。しかし、5級以上の試験になると、「少しくらい即興が苦手でも、なんとかクリアできる」というほど甘いものではありません。なにしろ、エレクトーン演奏グレード5級から3級は、指導者グレードといって、エレクトーンの指導者、つまり講師を目指す人向けの演奏グレード試験として実施されているので、6級までの学習者グレードとは、採点の基準もまったく違い、試験官になる人もまったく違います。

こんな私がよく今まで、5級・4級に合格して、3級の受験は1回で合格できたものだと、我ながら驚くこともあるのですが、苦手な即興をレベルアップするためには、大変な努力が必要だと身にしみて痛感しました。

これまで5級~3級のエレクトーン演奏グレードを受験して、自由曲の科目は合格基準をクリアしていても、即興だけが合格ラインに達することができずに、不合格になった人や追試を受けることになった人も多いと思うので、今回は苦手な即興演奏をもっとレベルアップする方法について、ご紹介していきたいと思います。

即興が苦手な人は苦手意識が強くて即興が嫌いな人が多く、実は私もそうでした。それで、ここはいったんエレクトーン演奏グレード3級の即興の試験から離れて、好きなジャンルの音楽を聴いたり、これまでにはあまり聴いたことがなかったジャズの演奏を積極的に聴くようにしました。機会があれば、ジャズのコンサートやライブに出かけてみたりもしました。ピアノやドラムといったシンプルな構成で、途中からアドリブでの演奏が入ったりするのが、ジャズの特徴であり、ピアニストにとっては最大の見せ場でもあります。

実は、この場面が即興演奏が苦手な人にもっとも見て欲しい場面であり、真剣になって聴いてほしいなと思うところです。これまでは、即興演奏について、「2コーラス目はメロディーフェイクをして、変奏しなければならない。」と考えていましたが、実際にジャズのライブやコンサートに行くと、ピアニストは自由にメロディーを変奏したり、楽しく表現しているのです。元のメロディーを演奏する時よりも、アドリブで弾いている時のほうがピアニストの表情がとてもイキイキしていることに気づきました。

即興が苦手だから2コーラス目に変奏する時に、表情がだんだん硬くなってしまい、リズムもとりづらくなってしまう、これが私の欠点でしたが、ジャズの演奏家はそこがまったく違うんですよね。既成のワクにとらわれることなく、自分の演奏と個性を思う存分に発揮していて、とても見事でした。

これをきっかけに、積極的にジャズピアニストやジャズオルガニストの音楽に興味を持つようになり、よく聴くようになりました。CDを聴く時には、同じ「枯葉」「A列車で行こう」なとのジャズの名曲でも、演奏するアーティストによって、テンポやリズム、演奏の表現力やテクニックもまったく違うので、即興の勉強になることはもちろん、アレンジ面でも良い勉強になりましたね。お気に入りのフレーズがあれば、なんでもいいのでマネして音に出して表現してみることです。

それを少しずつ積み重ねていけば、自分のものとなるので、良い意味で自分の演奏の個性になっていくんですよね。そう! エレクトーン演奏グレードでは、即興演奏で自分の持っている音楽の力を出し切って、個性を活かす演奏ができれば良いということに気づきました。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。