エレクトーングレード3級と4級の違いとは? 3級に求められる演奏力とは

ヤマハエレクトーングレード3級に合格した人は、全国各地にどれくらいいるのか、詳しいデータがないのでよくわかりませんが、極めて難易度の高い試験であることは確かです。幸いにも、私は良き師に恵まれたこともあり、きめ細やかな指導をしていただいたおかげで、1回の受験で合格できたので、とてもありがたいことだと思っています。

同期の講師さんに話を聞くと、「5回目のチャレンジでやっと合格できた」と答えた人もいれば、「3級にチャレンジしようと思ったこともあるけれど、作曲をしなければならないので、受験するのを迷っている」「今までに何度かチャレンジしたけれど、受験料や交通費もかかるし、忙しいレッスンの合間をぬって、3級のための勉強をする時間がとれない。4級まで合格できたのだから、もうこれで十分だ。」という人もいます。

ヤマハエレクトーングレード4級に合格していて、今後3級を受験するかどうか、賛否両論で人それぞれいろんな考え方があると思います。受験する以上は、「必ず合格する!そのためにはどんな努力も惜しまない!というくらいの強い覚悟を持ってチャレンジしてほしい」というのが、正直な気持ちです。

エレクトーングレード3級への合格を目指すなら、練習する時間を十分に確保する必要があります。そして、受験するのに曲目を決めて、自作曲や即興演奏なども、先生について指導をしてもらう必要があります。

ヤマハエレクトーングレード4級と3級との試験内容の決定的な違いは、自作曲が新たに加わること、そして即興Aと即興Bの難易度がさらにレベルアップすることです。即興Aについて、4級と3級の課題を比較すると、課題によっては、全体の小節数が長くなる場合もあれば、小節数が比較的短いものでも、コード進行が複雑になる場合もあります。曲の途中で転調する場合もありますので、不自然なコード進行だと減点されるリスクが高くなります。

「即興が苦手なら自由曲と課題曲で点数を稼げばいいじゃないの」と思うかもしれませんが、グレード5級以上の試験では、そのような甘い考えでは通りません。なぜなら、どの試験科目もある一定のレベルに達していなければ、合格できない仕組みになっているからです。

グレード試験が改正され、合格基準に達することができなかった科目があれば、ある一定の期間内に追試を受けて合格基準に達することができれば、合格と判定されることになりました。今から15年以上も前に5~3級のグレード試験を受験したことがあり、長いブランクがある人や、これから3級にチャレンジする人は、試験要項が以前とは変わっているので、まずは最寄りの楽器店に行って、エレクトーングレード3級の試験要項を取り寄せて、試験科目や内容について、確認しておきましょう。

ヤマハエレクトーングレード3級を受験する際に、4級を受験する時に演奏した自由曲や課題曲を選んでもとくにかまいません。演奏する曲が、3級のレベルに見合っているものであれば、4級受験の時に弾いた曲でも、なんの問題もありません。

それなら、自由曲や課題曲は何度も練習してきたからバッチリ!だと自信を持つ人もいますが、演奏する曲目は同じものであっても、豊かな表現力と演奏力が求められるのも、グレード3級ならではです。自分の演奏力をレベルアップさせるには、自分の演奏力がどんなものか、自分で把握する必要があります。エレクトーンには、録音機能がついているので、これをうまく活用して、試験の時に演奏する曲について、録音してみると良いですね。

わたしたちはふだん、CDやテレビ、ラジオから流れる音楽を聴いたり、コンサートや発表会で他人の演奏を聴く機会は多いですが、自分の演奏を自分で聴く機会は意外と少ないものです。ヤマハエレクトーングレード3級に合格するには、自分の演奏力を確かめること、そして今の自分の演奏には何が足りないのか、まずはそこからじっくりと分析することからスタートしましょう。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

エレクトーングレード3級にチャレンジ! より豊かな音楽性を追求しよう

ヤマハエレクトーングレードには、10級~6級までの学習者グレードと、5~3級までの指導者グレードと大きく分けると2種類に区分されています。基本的には、ヤマハの認定資格ですから、最初から5級を受験しても良いし、まだまだ5級レベルには達していないと思うなら、学習者グレードの6級から受験しても構いません。

私の体験談からお話しますと、幼少の頃にヤマハ音楽教室の幼児科・ジュニア科に通い、卒業してからはピアノの個人レッスンを受けていて、中3まで続きましたが、高校受験のためピアノをやめました。その後は、歌謡曲やポピュラー、映画音楽など好きな曲を趣味で演奏する程度でした。

20才過ぎてから、それでは物足りない!リズムや音色の種類が豊富で、ジャンルを問わずいろんな音楽が楽しめるエレクトーンを習いたいと思うようになり、学習者グレードのヤマハエレクトーングレード8級からチャレンジしました。

その後、7級、6級まではとんとん拍子で順調に合格していたのですが、やはり世の中というものはそんなに甘いものではなく、5級を初めて受験した時は、試験官からの講評がけっして易しいものではなく、やはり6級までの学習者グレードと5級からの指導者グレードでは、要求される演奏レベルにはかなりの格差が生じることを痛感しました。

しかし、そこは努力でカバーして2回目の受験で5級に合格して、その後は良き師にも恵まれ、4級、3級ともに1回の受験で見事合格切符を手に入れることができました。今日は、ヤマハエレクトーングレード3級に合格するまでの練習法などについて、詳しくご紹介できたらと思います。

ヤマハエレクトーングレード3級の合格率は、いったいどれくらいなのか、正確なデータがないので、詳しいことはわかりません。当然のことですが、5級よりも4級のほうが合格率が低く、4級よりも3級のほうが合格率はさらに低く、難易度が高いことは間違いありません。

3級では、より豊かな音楽性が求められ、オリジナリティあふれる演奏力、表現力、感受性が求められます。エレクトーングレード5級では、モチーフ即興はコード進行が自然な流れで、なおかつコード進行に合ったメロディーと伴奏がつけられれば合格基準をクリアすることができます。

4級では、もっとしゃれた感じのコード進行、少し意外性のあるコード進行が入っていると、高く評価されます。そして、3級のモチーフ即興では、基本的には5級・4級と同様に、ワンコーラスの構成で良いですが、全体的にしっかりとした構成力や表現力が求められます。

モチーフ即興は、グレード試験では即興Bと呼ばれていますが、メロディーが最初から与えられている即興Aとは違い、2~4小節のメロディーが与えられているだけで、その続きのメロディーをその場で作り、与えられたメロディーの雰囲気や流れに合うように、必要であればリズムを入れて伴奏をつけて演奏します。

試験の流れは、最初に即興Aと即興Bの課題が与えられて、10分間予見をしてから、試験室に入り、即興A・即興B・自由曲・課題曲・自作曲・初見演奏の順に演奏して、試験官からの講評を聞くといった流れになります。この10分間の予見の時間を上手に活用することが、3級合格の重要ポイントとなります。エレクトーングレード3級だけではなく、ピアノの演奏グレード5~3級やエレクトーン5級・4級についても同様です。

モチーフとして与えられた課題について、メロディーの持つ雰囲気やどんなリズム、伴奏が合うか考えること。音楽は、メロディーとリズムとハーモニーで成り立っているわけですから、与えられたモチーフの課題について、メロディーとコード進行をどのように発展させるか、どんなリズムでどんな伴奏で演奏するか、そしてどれくらいのテンポで演奏するか、予見時間の10分間の中で、イメージトレーニングをします。

しかし、モチーフ即興だけに10分間を割くのではなく、即興Aの課題もありますので、両方合わせて10分間です。3級の試験は、時間との戦いであり、自分がこれまでに培ってきた音楽性が問われる試験であるということを認識しておくことです。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

エレクトーングレード5級の即興課題をクリアするには

ヤマハエレクトーングレード5級に何度チャレンジしても合格点に届かない! いつもいま一歩のところでつまずいてしまう、即興Aが苦手で思うように演奏できないなど、人それぞれいろんな問題点を抱えていると思います。

何度チャレンジしても合格点にあと1,2点足りない人は、その原因についてよく考えてみましょう。試験官の講評は厳しいことを言われることもありますが、今後に向けての良きアドバイスをしてくれるので、言われたことを忘れないうちに必ずメモしておきましょう。

おそらく、不合格の結果に終わるほとんどの人が、即興が苦手なのではないでしょうか。自由曲は既成曲なので、楽譜を見て何度も弾いているうちに、演奏テクニックや表現力が自然に身についてきます。しかし、即興Aの課題はメロディとコードネームだけしか書かれていなくて、自分でどう表現するのか考えなくてはなりません。

楽譜には16小節程度のメロディとコードネームだけ、ここからどんな風に演奏したら良いのか、まずはここからイメージしてみましょう。エレクトーンは、ピアノとは違い、音色やリズムの数が豊富にあるので、このように表現したい!と思ったら、人それぞれいろんな演奏ができると思います。

このようなイメージで自由に表現したい!と思ったら、その曲の雰囲気に合う音色やリズムを選んで、演奏できる! これがエレクトーンの最大の魅力ではありますが、決まった答えがない分、イメージしたものを表現することの難しさがあります。

即興Aが苦手な人は、16小節程度の課題を渡された時に、伴奏づけはどうしよう、2コーラス目の変奏はどんな感じに演奏しよう、エンディングはどんなコード進行にしようと、形にとらわれているようにも思えます。

そうではなく、課題を渡されてから、まずはメロディを見て曲をイメージしてはいかがでしょうか。「この課題ならラテンの雰囲気が合うかな」とか、「弾んだ感じのメロディだから、2ビート、4ビートのリズムが合うかな」とかイメージすると良いですね。

そうすれば、コードネームに沿って伴奏付けの仕方も、雰囲気がすぐにつかめるようになります。即興Aでは、ラテン風のメロディが出題されることが多いのですが、意外なことにラテン音楽を聴いたことがない人が多いようです。ラテン音楽と言えば、一昔前の社交ダンスのイメージがあり、今の20代や30代や40代の若い人たちにはなじみが薄い音楽のようです。しかし、2ビートや4ビートのスイング系のリズムよりは、ラテン系の音楽のほうが、演奏しやすいので、これを機にラテン音楽をぜひ聴いてほしいですね。

ルンバやサンバ、ボサノバなどのリズムがありますが、興味があれば、このようなリズムの音楽の歴史について調べてみるのも面白いと思います。ルンバの名曲には「ある恋の物語」ボサノバ系の曲には「おいしい水」「デザフィード」、サンバ系の曲には「コパカバーナ」などの名曲があります。

今の若い世代の人には、なじみが薄い音楽ですが、その分、とても新鮮に感じられることでしょう。スイング系の曲では「A列車で行こう」「枯葉」「モーニン」などのスタンダードジャズの名曲があります。CDショップに行くと、セテン系やジャズの音楽のCDが格安価格で販売されていますが、CDレンタルショップで探してみるのも良いですね。

いろんなジャンルの音楽を積極的に聴いて、どんどん自分の中に吸収して豊かな音楽性を身につけてほしいと思います。ジャズやラテンの音楽をたくさん聴いて好きになれば、即興Aの課題も、自然にジャズ風、ラテン風に演奏できるようになりますよ。エレクトーングレード5級を突破するには、まずはいろんな音楽を聴いて、しっかり吸収することが大切ですよね。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

エレクトーン5級にチャレンジしてより豊かな音楽性を身につけよう

エレクトーンを習い始めてから、6級まで順調に合格してきたのに、5級を受験して試験管の厳しい講評や自分の実力不足に思い知らされ、しばらくはやる気がでなくなった人もいれば、試験管に厳しいことを言われても、これを励みにさらに精進して合格を目指す人もいます。

これまで何度かヤマハエレクトーングレード5級の受験合格を目指して、試験会場に足を運び、チャレンジしたけど、即興が苦手で合格できなかった人が多いようです。受験が終わった後、1か月後に合格通知が来ますが、いつも合格点に1~2点、ほんのわずかに点数が足りずに不合格の結果に終わる人もいます。

私がヤマハエレクトーン5級を受験していた頃は、試験が1回限りだったので、1か月後に結果が来て不合格だった場合は、試験を受けなおしていました。しかし、受験要綱が改正され、今では追試制度があるので、1つの科目につき合格点に達しなかった場合は、その科目のみ再受験できるようになったそうですね。

1から受け直すのと、合格点に達しなかった科目だけ再チャレンジするのと、どちらがメリットが大きいのかはわかりませんが、とにもかくにも合格を目指すのであれば、再チャレンジするより他に方法がありません。

6級までは順調に合格していた人にとっては、エレクトーングレード5級はひとつの大きな壁であり、今までのエレクトーンライフの中では、最大の試練なのかもしれませんね。そういっては少し大げさかもしれませんが、大きな山をひとつ超えようと思ったら、あとは努力あるのみ!ですね。

そして、エレクトーングレードを受ける目的について、もう1度考え直してはいかがでしょうか。合格するには、合格基準を十分満たした点数をとらなければなりませんが、それではただ数字を追っかけているだけで、音楽を演奏する楽しみがなくなってしまいます。

少し見方を変えてみて、音楽そのものをもっと余裕をもって楽しんではいかがでしょうか。グレード試験は、学校の期末テストや中間テストのような感覚で受験しても、緊張が高まるばかりで、楽しくもなんともありません。

グレード試験は、自分の発表会やコンサートのようなものだと思って、「試験管に楽しく演奏を聴かせる」というくらいの気持ちの余裕がほしいものです。即興Aや即興Bは苦手だけれど、即興課題だと思って演奏するから、試験管に評価されることばかりに気をとられてしまい、スケールの小さな演奏になってしまうこともあります。

日頃からスイングやワルツ、8ビート、16ビートの曲をたくさん聴いて、その中からいろんなものを吸収して、自分なりの音楽の表現ができるようになれば、自然に即興演奏が楽しくなるというものです。そして、音楽を体で感じているなら、自然に体が動くはずです。

グレード試験で不合格になる人には、ある共通点があると言われていますが、楽譜通りに演奏してはいても、リズム感やノリが感じられず、まるで機械のように手と足だけが動いている人が多いようです。とくにグレード試験で演奏している時は、さらに緊張感が高まり、ひざがガクガク震えて力が入らず、肩には余分な力が入り、手が震えて力が抜けてしまい、タッチによる表現力がいのひとつ出ていない、そんな人が多いようです。

まずは気持ちを落ち着けて方の余分な力を抜いて、音楽に集中してリズムのノリを楽しく表現できるようになれば、合格間近だと思います。要は、気持ちを変えて試験に臨めば、結果はあとでついてくると思います。グレード試験は、「合格点を目指す」というよりは、「音楽を楽しむ」というように、ものの見方を変えるだけで気が楽になるし、素敵な演奏ができることと思います。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。