エレクトーンは好きこそものの上手なれ! グレード試験を受ける前の心得として

エレクトーングレード試験には、大きく2種類に分けると10級~6級までの学習者グレードと5~3級までの指導者グレードがあります。この2つに区分された試験の内容の違いを挙げると、もちろん指導者グレードは音楽の指導者、講師を目指すのですから、当然のことですが、ハイレベルな試験内容になります。

そして、もうひとつ違いを挙げると、学習者グレードと指導者グレードでは、試験を受ける場所にも違いがあります。学習者グレードは、ふだん通っている楽器店、または近くの楽器店が試験会場になっているので、交通費があまりかかりませんが、指導者グレードが現在実施されている会場は、北海道の札幌市、東北エリアは仙台市、関東・甲信越エリアでは東京都目黒区、川崎市、新潟市、中部エリアでは名古屋市、金沢市、浜松市、関西エリアでは大阪市西区のヤマハなんばセンター、九州エリアは福岡市のヤマハ西新センターとなっています。全国主要都市のヤマハの大規模なセンターが試験会場となっていますが、合格を目指す以前に、試験会場に行くだけでも大変ですよね。

試験会場から近くに住んでいる人には便利ですが、地方に住んでいる人は、試験の時間に間に合うように試験会場に到着しなくてはいけません。中には、グレード試験を受験するのに、試験日の前日から会場近くのホテルや旅館に宿泊する人もいるようです。

エレクトーングレード5級、4級試験にこれまで何度かチャレンジしたけど、合格ラインになかなか追いつけず、不合格の通知を何度受け取ったことかと嘆く人もいますが、考えてみたら、試験会場に行くだけでも大変なので、受験する人は本当にスゴイ!と思います。

ちなみに、私の場合は、エレクトーングレード5級、4級。3級と順番に受験しましたが、田舎に住んでいて試験会場に行くのに、特急列車にのって片道3時間半もかかっていました。幸いにも、試験開始時間はお昼からの時間帯だったので、前日に宿泊する必要もなく、朝早く起きて電車に乗り、目的地に着いたらお昼ごはんを食べて、その後試験会場に行きました。

なので時間的にも十分にゆとりがあり、試験会場がある場所は、都会なので試験が終わるまでは緊張感はありましたが、試験が終わったあとは開放感を味わい、頑張った自分にごほうびをあげたいと思い、ショッピングやグルメを楽しみました。

これまで何度か不合格通知が届いた人は、また今度もダメなのかもしれないと思い、次に受験する時にはネガティブ思考になる人もいるようですね。しかし、それでは気持ちがもう負けてしまっているので、暗い気持ちで受験しても、前回受験した時よりは、あまりいい結果が期待されないのではないかと思います。

エレクトーンのグレード試験に限らず、何度か落ちてしまい、ネガティブ思考で「それでも下手な鉄砲でも数打てば当たる」と思って受験するようでは、合格切符を手に入れるにはほど遠いかもしれませんね。

もちろん、合格を目指すなら、演奏力をレベルアップさせることは必要不可欠です。あとは自分の気持ち次第ですから、合格を目指して次に受験する時にはポジティブな気持ちであれば良いと思います。

試験を受ける前の心得として、試験の点数にこだわりすぎないことです。中には、「私は即興は苦手だけれど、その分、自由曲の演奏や初見演奏で点数稼ごう」「なんとかして合格点の75点をクリアしないと」と点数のことばかりにこだわる人もいますが、それでは心から楽しんで演奏することができません。

グレード試験を受ける前に、あまり余計なことを考えずに、点数のことは一切忘れて、演奏するときに音楽を楽しむ気気持ちを忘れないでほしいものです。エレクトーンを習い始めた頃の原点に帰り、なぜエレクトーンを始めようと思ったのか、音楽が大好きでエレクトーンを演奏すると楽しい気分なれる、そんな気持ちを思い出してみて下さい。「音楽は好きこそものの上手なれ」この教訓をぜひ活かしてほしいものです。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

ヤマハエレクトーングレード5級に合格するには楽しく音を奏でること

「ヤマハエレクトーングレード5級、4級と上級者向けのグレードに合格するにはどうしたらいいの?」「6級まではいとも簡単に合格できたのに、5級を受験したら試験の雰囲気もまったく違う!緊張して実力が発揮できない」「6級と5級では、即興演奏のレベルがまったく違う! ついていけない」と悩んでいる人も多いようです。

それもそのはず、ピアノグレード、エレクトーングレードともに10~6級までのグレード試験については学習者グレード、つまりピアノとエレクトーンを学習する人向けのグレード試験として実施されています。5級~3級までの試験は、全国の主要都市にて実施されていますが、指導者グレードといい、ピアノ・エレクトーンの指導者、つまり講師を目指す人、または現在講師をしている人を対象としたグレード試験として実施されています。

ですから、6級と5級を比較して、合格水準のレベルが高いのは当たり前だと割り切るしかないと思います。「5級は難しい。何度受験しても合格できない。」と思い込んでしまうと、「受験料と交通費払って、何度受験しても合格できないなら、もうあきらめたほうがいいのかも。」とマイナス思考になってしまいますよね。

実際のところ、エレクトーングレード5級以上の試験を何度か受けて合格切符を手に入れることができず、それでも自宅で講師として指導している人もいるようですが、やはり大手を振って生徒にいい指導をしたい!と思うなら、ここは一大決心をして合格に向けて再チャレンジしてほしいものです。

これまでヤマハエレクトーン5級、4級に合格するためにはといったテーマでご紹介してきましたが、今日はちょっと前にエレクトーングレード5級を何度か受けたけど、合格できなかったのであきらめてしまった人に向けて、情報を発信していきたいと思います。

こちらの記事を読んで、「もう一度、エレクトーン5級合格に向けて再チャレンジしようかな。」と、前向きな気持ちになってくれればうれしいです。そて、今日は原点に振り返って、以前エレクトーン5級、または4級を受験した時の自分のことを思い出してみて下さい。

その時は、目標とするグレード試験を受験するのが精一杯で、合格したいという気持ちがあまりにも強くて、試験で演奏する曲を弾く時にも、音楽を心から楽しむ気持ちを忘れてはいませんでしたか? 本来、音楽とは読んで字の如く「音を楽しむ」と書きますが、ただむやみに試験の合格することを目標に、演奏していても、その気持ちが演奏に出てしまい、あまり良い演奏とは言えないかもしれませんね。

「レベルアップするには、演奏の技術をしっかり見につけなきゃ! 即興演奏もコード進行のパターンをしっかり覚えて、何度も繰り返して頭の中にたたき込んで」と思って勉強していても、それはあくまでもパターンで覚えたコード進行にすぎません。5級以上のグレード試験を何度チャレンジしても、合格できない人は、実は演奏の技術的なことよりは、試験を受ける心構えができていなくて、メンタルな部分でなにか問題点があるのかもしれませんね。

試験を受けるというだけで、試験が始まる時間の前になるとそわそわして落ち着かなくなり、試験室に一歩足を踏み入れたら、緊張感が高まり、わけのわからないうちに試験が終わり、試験官からの講評もうわの空で話しを聞いている人もいます。これでは、どんなに実力があっても発揮されることがないので、メンタル面をもう少し鍛える必要があるのではと思います。

もうひとつ大切なことは、試験を受ける時に「試験官から評価される」と言うことをあまり意識しないで、2人の試験官が後ろにいても、観客がいると思って心から楽しんで演奏することです。このように気持ちが変われば、音楽が楽しめるので、試験官にもその気持ちが伝わり、自分が楽しい気持ちで演奏でるようになれば、自然に良い演奏ができてレベルアップできるものです。試験の時に音楽を楽しんで演奏することができれば、自分が持っている実力以上にすてきな演奏ができることまちがいなし!ですね。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。