Category Archives: エレクトーン講師 給料 収入

ピアノ初心者はどんな心構えでいたら良いの?

これからピアノのレッスンを始める前に、ピアノ初心者の心得についてご紹介しましょう。大人になってからピアノを始めるのと、幼少の頃からピアノを始めるのとでは、使うテキストも違うし、どんな目的で習うかも違うと思います。

ここでは、子供の頃からピアノを習い始める場合の心構えについてご紹介しましょう。ピアノは鍵盤楽器ですから、当然のことですが、鍵盤を叩かないことには音が出ません。ピアノの鍵盤を傷つけないように、そしてピアノの鍵盤を押さえやすいように、レッスンの日は必ず爪を切っておくことです。

私も子供の頃、ピアノを習っていて、ときどき爪を切るのを忘れていたことがあって、テキストに「爪を切ってくること!」と書かれたことがあります。爪を長くしていると、ピアノが弾きにくくなるので、注意しなければなりませんね。

そして、ピアノの演奏を上達させるには、正しい指の使い方を心がけることです。ピアノのテキストには、指番号が右手、左手とそれぞれ書かれているので、最初は面倒だと感じられることもあるかもしれませんね。

でも、やはり何事も最初が肝心なので、正しい指番号で弾くように習慣をつけておくことです。ピアノ教室に通っている人なら、ピアノの先生から指使いについて厳しく指導されることもあると思いますが、独学でピアノを学ぶ人は、誰も注意してくれる人がいないので、自分で正していくしかありません。

初心者がピアノをマスターするには、まずは基本の指使いから何度も何度も、根気強く練習することですね。それと、ピアノ初心者の心得をもうひとつ挙げておきたいと思います。「とくに家にピアノがなくても、オルガンやエレクトーン、キーボードなど、鍵盤楽器があれば良い。」と思っている人もいるようですが、ピアノを習うのですから、やはりピアノで練習することです。

住宅事情により、アップライトピアノやグランドピアノを置いてはいけないといた事情があれば、話も別ですが、やはりピアノを上達させるには、ピアノの鍵盤のタッチや重みなど、リアルな演奏が出来るようになりたいですよね。

※私が副業のサポーターを勤めています『沖縄でヤングリタイアさん』『起業開業さん』が本格的にブログを立ち上げたのでご紹介させていただきますね。特にヤングリタイアさんは、ブラック企業で酷使されていましたが私どもの指導のおかげで脱却することができ、沖縄で悠悠自適の生活を満喫されてらっしゃいます。彼のホームページはこちらです。
※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
 学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

エレクトーングレード5級に合格するにはストリングスの音色をキレイに出すこと

「ヤマハエレクトーングレード5級に合格するには、どんな練習をしたらいいの?」という質問をよく受けることがあります。6級までは学習者グレード、そして5級以上は指導者グレード、つまりエレクトーンを指導する講師を目指すことを視野に入れた試験なので、演奏のテクニックが求められることはもちろんですが、エレクトーンの音色の表現の仕方にも工夫が求められることになります。

エレクトーンがピアノと大きく異なる点は、リズムに合わせた演奏が出来ること、そしていろんな音色が用意されていて、ひとつひとつの音色の持つ豊かさを表現できることです。
6級までは8ビートや16ビートなど、リズムに合わせた演奏を経験した人でも、5級以上では音色の出し方、タッチトーンの出し方について、より豊かな表現力が求められるようになります。

数多い音色の中でも、もっともよく使われると思われる音色には、ストリングスがあります。一言でストリングスといっても、EL-900の機種で言えば数種類ものストリングスの音色があり、ステージアだともっと数多くのストリングスの音色の種類があります。
エレクトーンは、ピアノやトランペット、クラリネットなどの既成の楽器の音色が再現されていますが、もともとストリングスという名前の楽器は存在しません。

オーケストラで演奏するビオラやバイオリンなどの弦楽器の集合体がストレングスと考えて良いでしょう。ストリングの音色の出し方、表現の仕方はエレクトーンではもっとも難しいようです。とくに、クラシック系の曲では、どの曲でも必ずと言って良いほどストリングス系の音色を使うので、音の出し方がいまひとつだと、もともとはキレイな音色なのにがさつな感じに聞こえることもあります。

とくに、エレクトーン5級の場合、課題曲ではストリングス系の音色が使われている曲が多いので、テクニックを磨くことはもちろん、表現力を磨く必要があります。ストリングは、鍵盤を抑えている間、ずっと鳴り続けるオーケストラのストリングスの音色の他に、もうひとつにはピチカートの音があります。ピチカートでは、バイオリンでよく使われる奏法ですが、弦を軽くはじく音のことを言い、鍵盤をずっと押し続けていても、おとか伸びずに鍵盤を鳴らした瞬間のみ音が出る仕組みになっています。

大まかに分けると、このように2種類のストリングスの音色がありますが、これを上手に使い分けることです。ストリングス系の音色をキレイに響かせるために、音色に効果をつけることもできるので、心地良く聴けるように設定するなどの配慮も必要になってきますね。

ストリングスの音色を上手に表現するには、グレード5級ではたくさんの課題曲やクラシック曲を演奏すると良いでしょう。ストリングスの音色をキレイに表現するには、タッチトーンを上手に使うこと、あとは音色のコンビネーションを工夫することです。

この他には、トランペットやトロンボーンなどの金管楽器の音色もたくさん入っているので、本物の楽器のように弾くために、タッチトーンを上手に加減することです。5級以上では、ひとつひとつの音色の出し方でも、よりリアルさが求められます。

初見演奏ができる人、読譜力がしっかりと身についている人でも、音色を上手に表現するのはなかなか難しいことです。トランペットの音色の表現力を身につけたいなら、トランペットが使われた曲を聴いてみたり、ストリングス系にこだわるなら、クラシックの名曲をたくさん聴いてみると良いですね。エレクトーンの演奏力をつけるには、表現力を磨く必要があり、そのためには良い音楽をたくさん聴いて、どんどん吸収して自分のものにすること!

質問をいただきました。

>質問お願いします。
>http://www.youchien.me/?p=15
>ここから購入すると特典が頂けるようですが本当に送られてきますか?
>また、本当に稼げる特典でしょうか?

>真剣に悩んでいます。
>よろしくお願いします。

申し訳ありませんがわかりません。でも誠実そうなサイトなので信用しても良いのではないでしょうか?ひょっとしたらライバルなのかもしれないという気持ちもありますが私は今、お互い刺激できあう副業仲間を募集しています。
このサイトを通してご質問者様がそうなっていただければと切に願っています!

http://xn--cct26u0xf9c316cwzhg7ju9nkp5a.com/様の指導のおかげで、今月よりあるブロガー様から定期的に発注いただけるようになりました。そのブロガー様は音楽機器のサイトを運営しており、私は掲載する文章を作成しています。単価1文字0.2円と低いですが大量発注と三か月分のお仕事を確約いただいてるので精神的に助かっています。http://xn--cct26u0xf9c316cwzhg7ju9nkp5a.com/様へご入会の時は、『エレクトーンのサイトから紹介を受けました』とおっしゃっていただくと幸いです。

有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。
お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンでお悩みの方は、情報商材を購入せず、私に相談してくださいませ。

モチーフ即興のレベルアップでエレクトーングレード5級合格を目指そう

「エレクトーングレード5級も、できるだけ早く受けたいなあ。でも、即興Bのモチーフ演奏が苦手なので、まだまだ1発合格は目指せないかも。」と思っていました。即興Aはかなり慣れてきたので、難なく演奏できるようになったものの、即興Bとのギャップがあり過ぎ!という感じでした。

なにしろ、私はこれまでに作曲というものを経験したことがないし、2小節程度のメロディーを与えられて、これをどのように発展させて良いのかわからず、演奏している途中で何度か止まったり、弾き直しをすることもしばしば。今考えたら、弾いている時は必死だったけど、この演奏を毎週毎週レッスンで聞かされていたエレクトーンの先生も、私の演奏が耳汚しになっていて、ストレスが溜まっていたかもしれませんね。

今なら即興演奏の参考書も多数販売されているけど、私が5級を勉強していた頃は、とにかく情報量が少なくて、参考書のようなテキストがほとんどありませんでした。基本的にはA、B、Aといった形式でそれぞれ8小節程度で全部で24小節ぐらいの長さで良いのですが、最初はどんなコード進行をつけて良いものかわからず、戸惑うこともありました。

そこで、まずはコード進行に慣れるように、いろんな曲のコード進行を研究してみて、参考にしながら、曲としてのまとまりができるように、何度も課題を弾いてみることにしました。モチーフ即興は、とくに名曲を作る!という意識ではなく、曲全体としてのまとまりがあれば良くて、曲の流れが自然であれば良いという判断なので、不自然な流れにならないように、あまりありきたりなコード進行にならないように、心がけて演奏することにしました。

最初は苦手だったのですが、何度も繰り返して練習しているうちに、だんだん慣れてきました。やっぱり「習うよりも慣れろ」なんですよね、モチーフ即興も。実際のグレード5級試験では、即興Bはモチーフが3種類のメロディーが書かれている楽譜を手渡されて、その中から任意で1つ選べば良いので、「自分が弾きやすいと思うのを選ぶ」といった感じで、あとは予見時間の10分間をうまく活用すること。

即興Bが苦手で、これをどうクリアしてきたのか、ある知り合いに話を聞いたところ、「私も苦手だったので、エレクトーンの録音機能で自分で演奏したモチーフ演奏を録音するようにして、聴くのも練習になる。」と言われました。なるほど、これはいい話を聞いたと思い、購入したばかりのヤマハエレクトーンHS-8の録音機能を早速使ってみました。あんまり長い時間での演奏の録音はできなかったようだけど、モチーフ演奏なら1~2分ぐらいの長さなので、これは使える!と思いました。
それで、自分の演奏を録音して聴いてみると、「ここのコード進行はもう少し工夫したら」とか「メロディーが平べったい感じなので、もっと最後は盛り上がる感じにしたら」とか、自分の演奏の欠点がだんだん冷静に判断できるようになってきました。

上達させるには、繰り返して練習するのも良いけど、自分の演奏を聴いて「なにが足りないのか」「なにをどうすれば良いのか」がだんだんわかるようになり、本当に少しずつ一進一退だけど、即興Bも難なく出来るようになってきました。

練習を重ねているからだんだん弾くのが楽しくなり、弾くのが楽しいからどんどん弾けるようになる、とまではいかないけど、少なくとも演奏している最中に流れが止まったり、弾き直しをすることがなくなりました。以前、エレクトーンの先生からは、「音楽は常に流が必要だから、演奏が止まってはダメよ。」と言われていたので、「止まらない」のが基本だと言い聞かせることにしました。

 

http://electoneteacher.com/?p=58
こちらの記事について質問をいただきました。

「脳血管様とゴールド様どちらがいいですか?まだ稼げていますか?」
という質問です。

お答えしますね。
順調に稼げていますね、ゴールドさんのレッスンは、3か月に1回で、1レッスンが200分かかったので、負担が大きいですね。脳血管様の方はネットでレ
ッスンを受けることができますが、対面でないと難しい!と思う方もいらっしゃるでしょうね。フルサービスかワンポイントサービスかの違いと言うこと もできるでしょうね。

評判はどうなの?と気になりますよね。たとえば、インターネットの掲示板サイトで調べてみるという方法をご提案します。詐欺がはびこっている中、口
コミに十分注意を払ってネットリテラシーを身につけておくことも重要ポイントなんですよね。

●詐欺被害・架空請求・スパム相談掲示板●
http://net-de-seikou.com/test/read.php/board/1424061963/l50

●詐欺被害報告and集団訴訟呼びかけ掲示板●
http://classaction-japan.com/forums/topic/%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%81%8C%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82/

ライティングは自宅にパソコン1台あればいつでも空いた時間に仕事が出来る

ライティングの仕事を始めてから、8年ぐらいになりますが、「どんなきっかけでライティングの仕事は始めたんですか?」といった質問をよく受けることがあります。

ライティングのお仕事を始めたきっかけは、「自宅にパソコンが1台あれば、なにか仕事ができるはず!」そう思って、インターネットでSOHO求人サイトにアクセスしてお仕事探しをしてみたら、たまたまライティングの仕事があることを知りました。実はそれ以前にも、エクセルでデータ入力の仕事を経験していたのですが、もともと文章を書くのが好きで、ワードでもなにか出来る仕事があればと模索していた時期でした。

ライティングのお仕事のメリットや魅力は、なんといっても自宅で空いた時間を活用して収入が得られることだと思います。とくに私は、中学時代から友達と交換日記をしていたこともあって、文章を書くことがとても好きでした。「好きなことを仕事に活かせるなんて!」
と思い、報酬が安いとか高いとかは関係なく、まずは応募してみよう!と思いました。

応募するとクライアントからメールで返信が来て、いくつかのテーマを提示されて、納期までに納品するといった流れです。これまでに美容、健康、保険、趣味、韓国語などいろんなテーマでライティングのお仕事をいただきましたが、この仕事のメリットはなんといっても、文章を書いているうちに、これまではまったく知らなかったことでも知識が増えて興味が持てるようになったことです。とくに健康をテーマにしたライティングだと、健康志向がより高まるので、毎日の生活の中で役に立てますよね。

「ライティングの仕事をしていて、なにかデメリットはありますか?」という質問を受けることがあります。私自身は、これまで記事を書かせていただく中で、このようなトラブルは幸いにも1件もありませんでしたが、記事を書くという仕事は、著作権を侵害してはならないものであり、自分の書く文章には責任を持たなければなりません。

きちんと自分の言葉にして文章を書くこと、そしてクライアントから指示された仕様に従って、納期までに納品することが基本です。このような基本が出来ていれば、とくにデメリットはないものと思われます。注意点をひとつあげておくと、中には悪質な業者がいる可能性もありますので、メールでやりとりをしていて不審と思われる点があれば、取引はしないことです。

今ではライティングがすっかり私の本業になっているのですが、1日のスケジュールについて簡単にご紹介しましょう。朝は9時過ぎにクライアントからのメールをチェックして、その後、お仕事開始~11時頃までライティングの仕事。昼食の用意をして休憩、お昼は2時頃~夕方4時頃までライティングの仕事をします。

自宅でエレクトーンを教える仕事もしているので、ライティングの仕事が終わったら、掃除やレッスンの準備。夕方5~7時までレッスンをして、夕食、入浴、就寝といったスケジュールです。とくにエレクトーンのレッスンがない日は、午前中は11時頃まで、お昼2~6時ぐらいまでライティングをしています。月末など忙しい時は、夜8時ぐらいまでライティングをしていることもあります。

平均して1日に4~5時間ぐらいはライティングの仕事をしていますが、好きな仕事をしているので毎日がとても充実していて楽しいですね。時間があっという間に過ぎていく感じで、仕事をしている時は癒し系の音楽を聴いて気分をリラックスさせるようにしています。

音楽講師の給料は小遣い程度!

エレクトーンやピアノを生徒に教えるのに、どれぐらいの報酬がもらえるの?と気になりますよね。たとえば、楽器店で生徒を教えるのと、自宅で個人的に教室を開いているのとでは、料金体系にも違いがあるので、指導する内容やレベル、扱っているテキスト、地域制によっても格差が生じているようです。

楽器店でレッスンをしている先生は、お月謝がそのまま自分の報酬として受け取れるわけではなく、多くてもお月謝の5~6割ぐらいですね。たとえば、楽器店でのエレクトーンのお月謝が1万円だとすると、講師が受け取る分は5000円~6000円ぐらいですね。そして、音楽講師が取得しているグレードなどによっても、格差が生じることがあります。上級グレードを持っている人のほうが、報酬は高くなります。

自宅で個人的に開業している音楽講師が、1万円のお月謝で生徒に指導しているとしたら、とくに楽器店を通していないので、そのまま自分の報酬になるわけです。しかし、1万円もの高いお月謝に設定している先生はまだまだ少なくて、もしこれぐらいのお月謝でレッスンしているとしたらかなり上級レベルの指導になります。

一般的には、6,000~8,000円ぐらいのお月謝ですから、生徒の人数が多ければ高い収入にはなりますが、今や少子化時代で、生徒募集に悩んでいる音楽講師も多いようなので、やはりお小遣い程度にとどまっているようです。音楽講師のお仕事だけで生活することはよほどでないと難しいので、ほとんどの講師は副業をしています。かくいう私も同じで、アフィリエイトや情報商材やらいろいろ試したところ結局うまくいかず、情報商材の返金のためにこちらの掲示板を見つけることができました。http://henkin.bbs.fc2.com/

最終的にこちらの掲示板でものすごく評判の良かった
http://xn--cct26u0xf9c316cwzhg7ju9nkp5a.com/(脳血管様)
ネットビジネス先生様
のお二人に習っています。
お二人からは、音楽関係の記事を執筆して企業様に納品をして収入を得るお仕事を教えていただきました。まだまだお小遣いの範疇で誇れるような結果が出せていませんが、親身になって教えていただいてますし、やればやる分そのまま自分の報酬になるわけで、とてもやりがいを感じています。ひょっとしたらライバルが増えてしまうかもしれないという気持ちもありますが、せっかく訪ずれていただいたのですからぜひご紹介しようと思いました。私みたいに最初はお小遣いの範疇から開始したい方は脳血管様をおすすめします。彼女のようにビジネス展開したい方はゴールドウィン様をおすすめします。http://manamamablog.hatenablog.com/

また、私自身読んだわけではないのですが、http://hakase-abaku-2010.com/?p=634で配布されている特典は非常に良かったという話を、当ブログの読者様からお聞きしましたので、ご紹介させて頂きました。この特典もご検討くださいね。」」

音楽講師の報酬の金額は少なくても、いや金額の大小に関わらず、もらえる報酬以上に、仕事としてのやりがいが得られることと思います。音楽に興味を持って毎週、レッスンに楽しく通っている子供たちの表情を見ると、イキイキしていてレッスンも回を重ねるごとにメキメキ上達してレベルアップしていくのを見ると、生きがいが感じられる! お金をもらうこと以上にレッスンすることが楽しい! それは、音楽講師の仕事に携わっている人にしか味わえない醍醐味だと思います。