Category Archives: ピアノ講師になる方法

大学でピアノ講師になる方法

ピアノ講師を目指しているなら、音楽大学、または音楽科のある大学や短大、専門学校に通う方法などがあります。大学でピアノ講師になる方法としては、大学で音楽講師やピアノ講師を募集しているかどうか、大学に直接問いあわせるのがいちばん早いと思います。

音楽関係の大学を卒業してから、大学に残って講師の仕事をする人もいるようです。大学がピアノ講師になるには、知り合いのツテやコネなどがあっても、ピアノの実力が評価されるわけですから、しっかりとしたピアノのテクニックを身に付けること、そして演奏のテクニックだけではなく、楽典や声楽などもある程度出来る人が求められることと思います。

大学でピアノ講師を目指すなら、大学のウエブサイトを参照して、音楽講師、ピアノ講師を募集しているかどうか、チェックしておくと良いでしょう。募集している場合は、募集要項について書かれていると思うので、募集要項に従い、応募に必要な書類を募集締め切り日までに提出します。その後、書類審査や面接、採用試験が実施され、採否が決まります。

大学のピアノ講師は、中学校や高校の音楽講師とは違い、高いスキルが求められます。とくに、音楽大学でピアノを指導する場合、大学を卒業してから海外の音楽大学や音楽院への留学、コンサートなど演奏家としての経験、またはピアノコンクールの入賞経験といった経歴がある人が優遇されるようです。

一般の就職試験では、「コネがあれば実力のうち」ということが通用しますが、音楽の世界では、実力がともなわないのにコネがあるだけでは通用しません。ちなみに、大学のピアノ講師といっても、大学講師には、いくつかの階級があり、教育助手、非常勤講師、常勤講師、助教授、教授などがあります。大学のピアノ講師の給料は、それぞれ格差が生じているようです。
※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。