Category Archives: ピアノ 上達方法

エレクトーングレード5級や4級受験の前に! 上達テクニックをご紹介します

「これまでエレクトーングレード5級に何度チャレンジしても合格できない」「5級は一発合格できたのに、4級は何度チャレンジしても試験管からの講評が厳しくて、合格点にはまだまだほど遠い」と悩んでいる人もたくさんいるようです。

中には「エレクトーングレード4級に合格するには、どんな楽曲を選んだらいいの? 自分の得意なジャンルの楽曲だけではだめなの?」と悩んでいる人もいるようです。グレード試験を受験する際には、自由曲は受験する楽曲レベルの曲、そして課題曲には5級に該当する楽曲や4・3級に該当する楽曲が決められているので、その中から任意で選ぶようになっています。

5級以上の演奏グレードを受験する際に、受験する級に該当するレベルの楽曲であれば、自由曲は自分の好きな楽曲を選んで良いですが、あまりにも似たり寄ったりのジャンルがかたよってしまうのは、どうかと思います。

たとえば、8ビートのリズムのノリが良い人は、自由曲がすべて8ビートの楽曲になってしまう人も多いようです。音楽のジャンルが偏っているからといって、試験の点数に直接影響することはないにしても、特定のジャンルに偏ってしまうようでは勉強になりません。

8ビートだけではなく、16ビートやラテン、スイング系、ボサノバなどあらゆるジャンルにも対応できるようになると、エレクトーン演奏がますます楽しくなれると思います。これまで演奏したことのない音楽のジャンルにもどんどんチャレンジすることも、音楽の楽しさを発見できるようになるし、今後に向けて大きな成長ができると思います。

今日は、エレクトーンの上達テクニックについていくつかご紹介したいと思いますが、その中ベースについて注目してみましょう。右手左手の演奏は上手にできていても、ベースがうまく使えない、ベースでどのように表現したら良いかわからなくて悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

多くの人が、エレクトーンの練習をする時に、ベースのみの部分を練習することがないようです。ベースのトレーニングについて、重視してはいかがでしょうか。ベースを踏む時は、ひざを中心にして踏むように意識すると良いでしょう。エレクトーンプレーヤーのライブやコンサートに行く機会があれば、できるだけ前の席に座って、ベースの踏み方に注目してみて下さい。

ベースの動きが激しい曲だと、足のつま先の部分とかかとでベースを踏んでいて、動きがとてもスムーズでなめらかな感じですよね。ベースを伸ばす楽曲を演奏している時は、ただ足を踏んでいるのではなく、ベースの底の部分まで踏むような感じになっていることもあります。

ベースにも当然、タッチトーンがついているので、足鍵盤の下まで踏むようにすると、より深みのある音色を表現することができます。クラシック曲やスイング系のジャズなどを演奏する時は、ベースの長さや表現力も問われるので、エレクトーンプレーヤーの演奏を見て、研究すると良いですね。

エレクトーン演奏グレード5級以上に合格するには、いろんな音楽を聴いてリズムを体でしっかりと感じ取って体で表現することが大切です。エレクトーン特有の機能であるイニシャルタッチやアフタータッチ、横揺れのタッチなどを上手に使い分けて、演奏する曲の雰囲気や楽器の特徴などをうまく表現できるようになれば、リアリティあふれる演奏ができると思います。

エレクトーン演奏グレード5級以上では、極端に表現すれば平面な感じよりも、立体感のある演奏能力や表現力が求められるので、いろんなジャンルの音楽を聴いて、しっかりと吸収していくこと、そして自由自在に表現できるようになれれば合格店に達することでしょう。

これまでずっと同じジャンルの楽曲を演奏していた人は、思い切ってなにか新しいジャンルにチャレンジしてはいかがでしょうか。ベースの単独での練習をしたことがなければ、ベースの踏み方についてじっくりと時間をかけて練習すると良いでしょう。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

ピアノ経験者やエレクトーン初心者が楽しく学べる秘訣とは

エレクトーンを習っている人の中には、エレクトーン初心者もいれば、ピアノを長年経験した人も多く、これまで私のエレクトーン教室に習いに来た生徒さんの中にも、ピアノ経験者がたくさんいます。ピアノとエレクトーン、共通しているところは、鍵盤楽器であるということ。

しかし、ピアノにあってエレクトーンにはないものと言えば、3つのペダルがあります。ピアノの演奏では、3つの中のいちばん右側にあるペダルをよく使うことがあります。ただし、演奏する楽曲によっては、ペダルをまったく使わないものもあります。

右側のペダルは、エレクトーンで言えば、サスティン機能のような感もので、音に広がりを持たせて音を持続させる効果が得られます。これをレガートペダルといった呼び方をすることもありますが、エレクトーンでは、このようなペダルがないかわりに、衷心より少し右側にレバーのようなものがあり、これを右足を使って右に傾けることで、音の広がりと持続の効果が得られます。

ピアノには3つのペダルがありますが、エレクトーンには足鍵盤がたくさんついているので、これを左足で踏むので、どの位置にどの足鍵盤があるのか、頭で覚えるのではなく、体で覚えるしかありません。楽曲によっては、かなり激しい足の動きをすることもあるので、時には右足を使うこともあります。

ピアノの経験が長くてエレクトーンはまったく初めての人には、「両手だけの演奏なら難なくこなせるけど、どうもあの足鍵盤がねえ・・」と戸惑う人も少なくないようです。
私の経験から言えば、エレクトーンを習い始めのうちは、ベースを4拍伸ばしてドの次はファ、ソ・・という感じで、まずはベースの位置を確認するようにしました。

こればかりは頭では覚えられないし、自分の体でベースの位置を確認して自然に覚えるしかないですよね。右足は、音量のボリュームを調整したり、強弱をつける機能が備わったボリュームペダルがあります。

エレクトーンを習い始めの頃は、左足の鍵盤の踏み方や、右足のボリュームペダルの使い方に戸惑うことが多く、慣れるまでに時間がかかってしまいました。右手でメロディを弾いて、左手でコードネームなど伴奏をつけて、左足は鍵盤を踏んで右足はボリュームを調節するなんて、1曲弾き終えるまでになんて忙しいんでしょう!と思いました。

ピアノを習っていた人がエレクトーンを習い始めると、「エレクトーンって大変ねえ」とか「ピアノだと両手の演奏に集中できるけど、エレクトーンは楽譜は一見簡単なのに、演奏してみると、とても難しい。体のバランスとるのもなかなか慣れなくて。」というような話をよく聞きます。

しかし、何事も「習うより慣れろ」ですから、まずは下手でもなんでもいいからやってみること。ピアノ経験者がエレクトーンに慣れていくには、自分が好きな曲を弾いてみると良いですね。同じ楽曲の楽譜でも、できるだけ簡単にアレンジされた楽譜だと、入りやすいと思います。

ネットで楽譜をダウンロードできるサイトもあるので、これを上手に活用してはいかがでしょうか。楽曲名で検索すると、初級・中級・上級といくつかのレベルに分かれています。楽譜の中身がどのような感じなのか、確認することもできます。曲名を選んでコンビニのコピー機で印刷するか、自宅にプリンターがあれば印刷して、演奏してみましょう。

ピアノ経験者がエレクトーンを習うのに、できるだけシンプルで簡単な楽譜を選んだ方が良い理由には、もうひとつあります。これまで純粋にクラシック音楽だけを一生懸命勉強していた人に多いのですが、コードネームについて知らない人も多いようなので、最初のうちはコード進行ができるだけ簡単で、3コード展開のみの楽曲を選んで演奏することをおすすめします。

最初から難しいコードがたくさん出てくると、どの伴奏にしてよいかわからず、戸惑うこともあるので、「聖者の行進」「テキサスの黄色いバラ」などコードネームが簡単な楽曲を選ぶと良いですね。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

音大でピアノを本格的に学んでピアノの先生になるには

子供の頃からピアノを習っていて、高校卒業後はピアノを本格的に学べる音楽大学に進学したい!と希望している人も多いようですね。音大を受験するには、まずはどのような受験科目があるのか、試験の要項や学校案内のパンフレットを早めに入手しておくことです。大学によって種伝いされる問題の傾向にもさまざまな違いがあるので、試験対策を十分にしておくことです。そして、試験の実施日についてチェックしておきましょう。

音楽大学は、ピアノだけを専門的に指導しているのではなく、声楽、作曲、器楽などさまざまなコースが設置されています。ピアノを本格的に学べるコースには、指導者コースや演奏家コース、総合的な角度から学べるコースなど、ニーズに合わせて選ぶことができます。

ピアノの先生になるには、必ずしも音大を卒業していなければならないというわけではありません。ピアノの先生には、楽器店の講師になる方法や個人で開業する方法、音楽専門学校や短大、大学の講師などいろいろあります。音大の卒業生の中には、卒業後も大学に残り、大学院でさらに本格的に音楽を学ぶ人もいれば、海外に留学する人もいます。

ピアノ科や器楽学科のある音大では、ピアノの演奏技術を専門的に学ぶことはもちろん、今後は指導者を目指していくにあたり、和声学や声楽、児童心理学や音楽生理学、指導法研究といった科目についても基礎から応用までみっちり学びます。音大に進学することによって、ピアノ指導者にふさわしい人材になれるように目指すこと、そしてピアノの演奏力や表現力をしっかりと身に付けて、演奏会などの場でも活躍できることを目標としています。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

ピアノは個人レッスン、グループレッスンどっちがおすすめ?

「ピアノを習うのに個人レッスン、グループレッスン、どちらのレッスン形態が良いのでしょうか。」という質問をよく受けることがあります。個人のピアノ教室では、ほとんどの先生がマンツーマンでの個人レッスンを中心にしていると思います。
ヤマハなど大手の楽器店では、ピアノのグループレッスンをしているところもありますので、もし、グループレッスンを希望しているなら、問い合わせてみてはいかがでしょうか。

グループレッスンは、幼稚園から小学生までの子供向けのレッスンというイメージがあるかもしれませんが、中学生から高校生、大人向けのグループレッスンをしている教室もありますので、個人レッスンとはまた違った楽しみ方ができると思います。

ピアノの個人レッスンとグループレッスンは、どのような違いがあるのかというと、個人レッスンでは演奏のテクニックを磨きたい方、クラシックの基礎から学び、指を上手に動かせるようになりたい方、表現力を身に付けたい方に適しています。
グループレッスンでは、ピアノやエレクトーン、キーボードなどの鍵盤楽器に触れることで、アンサンブル演奏やピアノとエレクトーンのデュオ演奏などを経験することができます。

どちらかと言えば、ピアノを趣味で楽しみたい方、ピアノを通して仲間と交流したい方、クラシックよりも映画音楽やポップスなどの曲が弾きたい方に向いていますね。もちろん、ピアノの個人レッスンでも、クラシック一筋ではなく、好きな曲を弾くためのレッスンとして、ポピュラーピアノなどのコースも用意されています。

楽器店によっては、週1回のグループレッスンとは別に、30分程度の個人レッスンを兼ねたコースもありますので、個人レッスンかグループレッスンのどちらが良いかわからない人は、ちょっと欲張って両方のレッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

ピアノは習いたい時に習い始めるのがいちばん!

ピアノはいつ頃習い始めたら良いのか、そして子供がいれば何歳から習わせるのが良いのか、いろいろ考えるとこもあると思いますが、将来はピアニストになりたい! ピアノの先生になりたい!といった希望がとくになくて趣味でピアノが弾けるようになりたいのであれば、「習いたい時に習い始めるのがいちばん!」だと思います。

子供の習い事は、ピアノ以外にもそろばんや習字、スイミングや塾などいろいろありますが、ピアノは小さい頃から始めるのが良いと思っていても、肝心の子供がピアノに興味を示すかどうかわかりません。

中には、親の勝手な希望で子供に教養を身に付けさせようと、ピアノ教室に通わせるお母さんもいますが、とくに子供が望んでいるのでもなければ、かえって逆効果ですよね。今はピアノにはあまり興味がないけれど、近所にピアノが上手な友達がいて、弾いているのを見ていたら、自然に興味がわいてきたので、「ピアノが弾けるようになりたいから、ピアノ教室に習いにいきたい!」と子供がそのように思っているのなら、その時に習わせるのが自然な流れだと思います。

今はピアノのテキストやワークブックなどの種類が豊富にありますので、年齢や好みによって自由自在に選べるようになりました。ピアノの指の練習など演奏テクニックを重視するレッスンだけではなく、趣味で1曲弾けるようになりたい大人の方向けのピアノレッスンなど、ピアノ教室には多彩なコースが用意されているので、思い切りピアノを楽しんではいかがでしょうか。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

小さい頃からピアノを習うことでどんなメリットがあるの?

ピアノが弾ける人に「いつ頃からピアノを習い始めたの?」と聞くと、「3才から始めた。」という人もいれば、「小学生になってから。」「20才過ぎた頃から習い始めました。それまで鍵盤楽器を習った経験はありません。」という人もいるようです。ピアノを小さい頃から習い始めることで、どのようなメリットが得られるのでしょうか。

ピアノを小さい頃から習うことによって、自然に音感が身に付けられます。ピアノに限らず、習い事はなんでも小さい頃から始めたほうが、柔軟性がありますので、スムーズに対応ができるようになります。ピアノという習い事を通して、豊かな音楽性、協調性、感性が身に付きます。読譜力がつくことはもちろん、楽典の知識も増えるので、小学校や中学校では音楽の成績アップにもつながります。

小さい頃からピアノを習うことで、発表会やコンクールなどイベントに参加する機会も増えると思います。本格的にピアノを学び、将来は音大に進学する、ピアノの先生を目指すなど、可能性が広がることと思います。

私自身は、ヤマハの幼児科、ジュニア科を卒業してから小3の時にピアノの個人レッスンを習い始めたのですが、ピアノという芸事を通して時には難しい曲を練習していてつまずくことも何度かありましたが、あきらめずに何度も何度もチャレンジしているうちに、演奏力がつくことはもちろん、メンタル面でも強くなれたと思います。

これまで何度か発表会に参加させていただきましたが、自分の番がくる前のあの緊張感に耐えて、納得のいく演奏ができたときの達成感は味わい深いものがあります。そして、ひとつひとつの経験が自分の今後の人生に、活かされてくるので小さい頃からピアノを習っていて良かったと思っています。

ピアノを習うことで感性が豊かになり、音感が身につき、とくにハノンやツェルニーなど指の練習など基礎からみっちりピアノを学んだ人は、指を柔軟に動かせるようになります。小さい頃からピアノを習っている人は、お母さんに「練習しなさい。」とよく言われたり、先生の指導が厳しいのではと思うかもしれませんが、けっしてそんなことはなく、好きだったからこそ、長く自然に続けられるものです。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

ピアノ演奏が上手になりたい! 先生を上手に選ぶポイントとは

これからピアノを習うのに、ピアノを購入したら次はいよいよピアノの先生を選ぶ必要があります。今の時代だからこそ、ピアノの先生がたくさんいるのですが、一昔前の時代はピアノの先生が少なくて、「どの先生を選んだら良いのかわからない」というほどの選択肢がありませんでした。

私がピアノを習い始めたのは小学校3年生の春のことですが、通っていた幼稚園の園長先生の娘さんがヤマハ音楽教室の講師で、幼児科、ジュニア科卒業までグループレッスン、その後はピアノの個人レッスンでその先生に習っていました。ところが、小学校3年生の夏に九州に転校することになり、田舎なのでピアノの先生がすぐにみつかるかどうか心配でした。幸いにも、自宅の近く徒歩3分の距離の場所に小さな楽器店のピアノ教室があり、通うことになりました。その教室では2年半習いましたが、また転校することになり、近くにピアノ教室がなかったので、同じクラスの友達に聞いたらピアノを習っている人がいて、先生を紹介してもらいました。

この頃は、近所の知り合いからの紹介でピアノ教室に通う生徒さんが多かったのですが、まだまだピアノの先生が少なくて、近所にピアノ教室があればラッキーなほうでした。今は、全国各地にたくさんのピアノの先生がいますが、少子化になり、習う子供の数が少なくて先生があぶれているようですね。だからその分、これから習う人たちにとっては、選択肢がかなり増えているようです。

自宅の近くにピアノの先生がいるかどうか、わざわざ友達や知り合いに尋ねたりしなくても、パソコンやスマホのインターネットで検索して、どこにピアノ教室があるのか、簡単に探すことができます。ピアノの先生には、クラシック畑出身の先生もいれば、エレクトーン系のピアノの先生などいろんなタイプの先生がいますので、どの先生に習った良いのか判断がつかない時は、無料体験レッスンやレッスン見学に行ってみてはいかがでしょうか。

大手の楽器店のピアノの先生や、自宅でピアノ教室を開いている先生もいます。大手楽器店のピアノ教室だと、入会金が必要で、お月謝が高くなりますが、その点、個人のピアノの先生のほうがお月謝が安くて通いやすいですね。

ピアノを趣味で習うのか、クラシック系の曲が弾けるように本格的に習うのかによっても、先生の選び方が変わってくるので、目的やニーズに見合う先生を選びましょう。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

ピアノを習うために電子ピアノを上手に選ぶ方法とは

これからピアノを習うのに、アップライトピアノやグランドピアノ、それとも電子ピアノを購入すればよいのか迷う人も多いようです。住宅事情により、近年はとくに電子ピアノを購入する人が増えており、人気が高いようです。

電子ピアノが発売された当初は、「電源スイッチオンで、ピアノのような音が出る」電子楽器という感じでしたが、近年は音質やタッチがよりリアルになり、従来よりも安い価格で高品質の電子ピアノを購入できるようになりました。

一言で電子ピアノとはいっても、メーカーごとにさまざまな特徴の違いがあり、10万以下の価格から50万円ぐらいのものまで、たくさんの機種があります。電子ピアノを購入したい!と思うなら、まずは楽器店に行って、実物を見て商品カタログを取り寄せておきましょう。

楽器の良さは、一目見ただけではよくわからないので、試弾をしてみて、音の響きやタッチ、音質など他の機種とじっくりと比較してみると良いでしょう。ところで、電子ピアノの商品カタログを見ると、難しい専門用語が書かれているのが目に留まりますね。不明な点があれば、楽器店の営業社員に尋ねておくと良いでしょう。

そして、電子ピアノはピンからキリまでありますので、なにがどのように違うのか、それぞれの機種の特徴やメリット、デメリットについて把握しておく必要があります。10万円以下の電子ピアノだと、コストパフォーマンスの良さはもちろん、ピアノが初めての人向きで、スピーカーの音の出力も小さめです。

どの楽器メーカーでも、10万円~30万円の電子ピアノがもっとも売れ筋で、10万円以下の機種だとやや物足りない感じで、ピアノがある程度上達したら新しい機種に買い替えたくなるので、それなら最初から少しグレードアップされた機種を購入したいと考えている人が多いようです。

10万円~30万円の電子ピアノは、10万円以下の電子ピアノに比べると、音の響きに立体感があり、鍵盤のタッチもアップライトに近い感じですね。アップライトやグランドピアノのような音色の美しさとまではいかなくても、ご家庭で練習用のピアノとして十分その役割を果たせることでしょう。

30万円~50万円の電子ピアノは、見た目にも質感の高さが感じられ、音色やリズムの種類も豊富で、ピアノとエレクトーンの中間といった感じですね。これぐらいの価格の電子ピアノを購入するなら、アップライトのピアノを購入しても良いのでは、と思うほどです。

しかし、アップライトピアノやグランドピアノは、電子楽器ではなく生の楽器ですから、ヘッドフォンがついていなくて隣近所への騒音が気になります。その点、電子ピアノは、音のボリュームの調節が可能で、ヘッドフォンを付けて練習できるのが魅力ですね。
電子ピアノの種類が豊富で、選ぶのに迷うと思いますが、まずは予算を立てること、ピアノを購入する目的や生活環境に見合うタイプのものを選ぶと良いでしょう。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

エレクトーンを習ってからピアノを始めても遅くない?

現在、音楽教室やピアノ教室などでピアノレッスンに通っている人に話を聞くと、「これまでに鍵盤楽器の経験がなくて、最初からピアノを習っていました。」という人もいれば、「子供の頃にエレクトーンを習っていた時期があり、やめてから長いブランクがあるものの、趣味としてピアノを弾きたいと思い、ピアノを習っている。」という人もいます。

「ピアノとエレクトーン、どちらから先に始めたらいいでしょうか。」「エレクトーンを習ってから、ピアノを習っても大丈夫でしょうか。」「エレクトーンを先に習ってから、ピアノを始めても遅くありませんか。」という質問をよく受けるのですが、中には教育熱心なお母さんがいて、「うちの子供はピアノとエレクトーン、両方とも習わせています。」という人もいます。

このような質問に答えるのは、ちょっと難しい面もあり、人それぞれピアノを習う目的に違いがありますので、答えにくいですね。将来は、ショパンやベートーベン、モーツァルトなどのクラシックの名曲を演奏できるぐらいのレベルを目指しているなら、エレクトーンよりも先にピアノを習うことをおすすめします。

ピアノとエレクトーンは、同じ鍵盤楽器ではあっても、鍵盤のタッチや響きがまったく違います。エレクトーンは電子楽器ですが、ピアノはハンマーを叩く仕組みになっていて、アップライトピアノよりもグランドピアノのほうが鍵盤が重くなっています。厳密に言えば、ピアノのメーカーや機種によっても、微妙にタッチが変わってくることもあります。

現在、ピアノを習っている多くの人が、ほとんどエレクトーンを経験していないようです。中には、「将来はエレクトーン講師を目指すのにピアノのグレードを取得しておいたほうが良いから。」という理由で、必要に迫られてピアノを習っている人もいますが、やはり鍵盤のタッチの違いに慣れるまでには時間がかかるようです。

ポピュラーや映画音楽など、趣味としてピアノを楽しむなら、エレクトーンを習った後でもまったく問題ないと思います。むしろ、流行の音楽やリズミカルな曲を演奏したいのであれば、ピアノよりはエレクトーンのほうが音色やリズムの種類が豊富で音質が良いので、エレクトーンで演奏するほうが、より魅力的に感じられることでしょう。

※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。

ピアノ初心者はどんな心構えでいたら良いの?

これからピアノのレッスンを始める前に、ピアノ初心者の心得についてご紹介しましょう。大人になってからピアノを始めるのと、幼少の頃からピアノを始めるのとでは、使うテキストも違うし、どんな目的で習うかも違うと思います。

ここでは、子供の頃からピアノを習い始める場合の心構えについてご紹介しましょう。ピアノは鍵盤楽器ですから、当然のことですが、鍵盤を叩かないことには音が出ません。ピアノの鍵盤を傷つけないように、そしてピアノの鍵盤を押さえやすいように、レッスンの日は必ず爪を切っておくことです。

私も子供の頃、ピアノを習っていて、ときどき爪を切るのを忘れていたことがあって、テキストに「爪を切ってくること!」と書かれたことがあります。爪を長くしていると、ピアノが弾きにくくなるので、注意しなければなりませんね。

そして、ピアノの演奏を上達させるには、正しい指の使い方を心がけることです。ピアノのテキストには、指番号が右手、左手とそれぞれ書かれているので、最初は面倒だと感じられることもあるかもしれませんね。

でも、やはり何事も最初が肝心なので、正しい指番号で弾くように習慣をつけておくことです。ピアノ教室に通っている人なら、ピアノの先生から指使いについて厳しく指導されることもあると思いますが、独学でピアノを学ぶ人は、誰も注意してくれる人がいないので、自分で正していくしかありません。

初心者がピアノをマスターするには、まずは基本の指使いから何度も何度も、根気強く練習することですね。それと、ピアノ初心者の心得をもうひとつ挙げておきたいと思います。「とくに家にピアノがなくても、オルガンやエレクトーン、キーボードなど、鍵盤楽器があれば良い。」と思っている人もいるようですが、ピアノを習うのですから、やはりピアノで練習することです。

住宅事情により、アップライトピアノやグランドピアノを置いてはいけないといた事情があれば、話も別ですが、やはりピアノを上達させるには、ピアノの鍵盤のタッチや重みなど、リアルな演奏が出来るようになりたいですよね。

※私が副業のサポーターを勤めています『沖縄でヤングリタイアさん』『起業開業さん』が本格的にブログを立ち上げたのでご紹介させていただきますね。特にヤングリタイアさんは、ブラック企業で酷使されていましたが私どもの指導のおかげで脱却することができ、沖縄で悠悠自適の生活を満喫されてらっしゃいます。彼のホームページはこちらです。
※有用な学習情報商材を個人的にも知りたいという理由もあって、
 学習 自己啓発 情報商材暴露掲示板作りました。

お気に入りにぜひ入れてくださいね(@_@)
エレクトーンに関する相談・お悩みも受け付けてますのでぜひ私に相談してくださいね。